病院でまさかの再会 とDZ来たる

先日作った、どーぶつ病院で使うファイルがなかなか好評で(ファイルそのものを作ったわけじゃないんだけど)、今度ここのタイトルカードを…なんて頼まれたりして、そこに貼るかあいいマキシテープが欲しいなー、と見舞い前にセカイドへ行くことにした。おっ、これはどーぶつ病院にぴったり! と思ったらお値段もよろしかったりして、しばし悩む。種類が豊富になったのは嬉しいけど、あたしは基本的に「タテヨコOK」な柄でないと使いづらいので、にゃんこ柄とかはやめた。町並みにしろ花畑にしろ、イイなと思っても「ヨコ」でしか使えないのはねぇ。

買い物後、見舞いに行って、まずは地下のコンビニへ。そこで珈琲買って店を出て、ばったりと知り合いに会ってしまった。あちらは「似てる」と思って店の外で待ってたらしい。いやぁ~、驚いた。この病院で知り合いに会うのは2人目だ。しかもそれが「そば屋でのかつての同僚」なんだもん。あたしのちょい下、だったと思う。パジャマ姿だったので内心うっと思いつつ、どーしたのか聞いた。
ちょっとやばい病気だった。
参った…どんな顔したらいーかわからなくて。本人は『まずいんだ』と言いつつ、けっこーあっさりな顔して言うものだから、こっちもフツーに『そりゃ大変だ』なんて言ってられたのだけど。いちお病室聞いて、今度行くね、と言ったんだけどね。そのときどんな顔してりゃいーのかな。

たぶんあっちは全然わかってないんだけど、実はあたしがそば屋を辞めた一因は彼女にもある。何つーかとにかく扱いづらいことこの上ない新人で、すぐキレるし怒鳴るし、年上の先輩に対してもでかい声で『オトコのくせに生理ですかっ?!』とかヘーキでゆーのだ。(ホールまで丸聞こえで、客に対しての気遣いもない) たしなめると、『じゃあ雪丸サンは最初から何でも出来たんですか?!』とくるので、もちろんそんなわけないけど、少なくともいま悪いのはあなたで、そのとばっちりを受けるのはお客さんでしょ、それは失礼でしょ、と言うととりあえず黙る。でも同じことを繰り返す。のであったま来て辞めた、てのではない。新人フォローに追われながら自分の仕事もしてるのを当然として自分たちは何のフォローもしないシャインとか(そのシャインのフォローにも追われたりとか)、それらの現状を知ろうともしない店長とか、ベテランでも時給一緒で構わないと考えるカイシャにキレたのだ。さんざんブログに書いてきた話だけど、とにかくパートの離職率が高いので新人フォローは延々と続き、そして彼女を含めた3人があたしの許容量を超えた。「もーやってられるか、ばかばかしい!」、で辞めた。「あとは自分たちで何とかしろ、あたしゃ知らん!」てなもんで。

ほどなくして彼女も辞めたと聞いたけど(確か無断欠勤が続いたのだ)、まさかこんなところで再会するとは思ってもみなかった。一人暮らしでフリーターしてたら入院なんてオオゴトだと思うけど、家族には連絡すら取ってないらしい。そんなんで大丈夫なのか? と突っ込んでもしょーがないんだけどさ。もし自分だったら…と考えずにはいられないな。
チチを見舞い、先日持ち帰ったCDプレーヤーを再び持参した。帰り際、何か聴きたいか尋ねたら『落語』と言ってたのでやっぱり持ってきてよかった。外した絵の代わりに貼った「語録双六」のポスターも気に入ってくれたみたいだし。

夜はバイト。今日は朝から大変だったらしい。センセが『これから昼食』とかまた言いだすので、頼むからゴハンだけはしっかり食べてくださいよぅ、とこっちが泣きたくなってしまった。あたしが仕事を終えたのは10時半過ぎだったけど、それでもまだ食べる様子はなく(いわく『座ったら終わる(2度と立てなくなる)』)、あたしが帰るときにわんこのDZを連れて夜の散歩に出たので、一緒にウチまで行った。あたしより先にDZが玄関に入ったのでハハに声をかけ、前回は玄関先だけだったけど今回はウチの中まで招き入れる。もちろんセンセも。ハハが『一緒に夕飯を』と誘ってくれたので、2人で筍と焼き魚で食事した。よかった、センセも食べられる夕食で。まだ仕事が残ってるとゆーし、それから夕飯(昼食? でも朝も食べてないと言ってた…)では、ロクなもの食べないで寝てしまうに決まってるし。『カラダは丈夫』なことに過信しないで欲しいなぁ。せめて菓子ではなくゴハンを食べて欲しい。
DZは吠えもせず大人しく、あたしらの食事を見守り、ハハにも懐いてハハもご機嫌。急なことでびっくりさせちゃったけど、満更でもない様子でほっとしたわ。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-04-22 02:30 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156