我が家の雨漏りのこと と歯医者とパンク修理が無事終了

えー、かなりトートツですが、雪丸ンちの雨漏りについて。
どんな雨でも漏るとゆーわけではなくて、「南西強風大雨」の場合のみ、だったわけですよ。それが過日の大雨では「南西ではないのに」漏って、しかも「これまでとは別の場所」だったので、ハハと2人(のちにオトート2人含む)で、やれやれどーしたものか、とゆってました。それが先週末に急展開。お隣の雨漏り直してた業者サンがピンポンしてきて、お宅も漏ってるんではないか、ちょっと見ましょうか、と。怪しい感じの人ではなく、築50年の木造家屋がどんなもんかもちゃんとわかってる人だったようで(あたしゃ不在でしたが)、翌日、ウチにあがってどこにどんな問題があるのか見てくれました。そんときはあたしもいたのだけど、ベランダのここがあーでこーで、ときっちり説明してくれ、かつ、『やるやらないは別として見積もりを出す』ことに。

あたしもハハも「足場を組んだ大掛かりなものになる」「手をつけてしまったが最後、あちこち手を入れなくてはならなくなる」「=いくらになるかわかったもんじゃない」とびびってたのだけど、大工ではなく塗装業者の彼いわく『足場を組まずとも済み、ベランダの朽ちてる部分の補修と屋根の一部の修理補正で直る』という見立てで、本日その正式な見積もりが来た。『この金額で済むのならやってもらった方がイイのでは』という金額で、急遽、明日1日かけて修理に決定。(明後日の水曜はまた雨とゆー予報だし、早い方がいいでしょうとゆーことで) しかしまさか、こんな急転直下で雨漏り補修が決まるとは思ってもいなかった。お隣さんがどういう経路で彼を雇ったのか知らないのだけど、丁寧で誠実そうな人だったので信用はできると思う。いやぁ、「縁」てわかんないっすねぇ。こういう、飛び込み営業的なモノって怪しげだったりもするけど。

今日はハハが見舞いの日で、あたしは歯医者。無事、欠けた詰め物も新しくキレイにしてもらい、ついでに話好きなセンセに付き合わされて(チチとはずいぶん楽しく会話したらしく、そのチチの状態の話から、チチの昔話へと飛んだりして)、帰宅後はチャリのパンク修理に再びオデカケ。つい先日、直してもらった気がするんですが、と言ったらばひと言。
『これだけ乗っていれば…』
パンクも仕方ないってか? そーゆーもんなのか。わかんないけど。ともかく『最近は三茶まで往復することが多いので点検してください』と頼み、20分後くらいに引き取りに行ったら、パンク修理代の600円のみだった。タイヤ交換とか言われるかなーと思ったんだけどね、だいじょぶだった。歯医者も終わったし、思いのほか出費は軽く済んだな。助かった。

夕飯に野菜炒めを作って、今日は月曜なので1時間早くバイトへ。何だかわかんないけど忙しくて、ふと時計見たら11時半だった…びっくりだ。帰宅して夕飯食べたら12時廻ってるし。明日は寝坊できるはずだったんだけど、ベランダ修理が入るから(そーそ、このためにベランダ掃除とかも大変だったのだ。傷んだプランターを廃棄するために土をどけてバラバラにしたり、汗だくになった)、早く起きないといけない。のに、もー2時廻ってるし! アイス食べながら30分くらいゴロゴロしたいんだけどなー、無理だろな。早く寝なくてはー。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-06-02 02:08 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156