梅の収穫、今年は15.1キロ とHRと梅ジャム作り と『男子高校生の日常』

本日は庭の梅の収穫。天気は悪くもなく暑すぎもせず、なかなかいい日和だ。姪のHRたちは11時にやって来て、昨夜シロップ漬けして炊飯器で保温しておいた梅ジュースを出してあげた。今年も美味しく出来たよーだ。この作り方も好評で、去年HRママが友人に教えたところ『すっごく喜ばれた』のだそーだ。(毎年書いてる気がするけど、初めて知る人もいるかもなのでさくっと。青梅にナイフかフォークで穴を開け、同量(もしくは総量の80%くらい)の氷砂糖を炊飯器に入れ、保温にして一晩。すると翌朝には「梅シロップ」の出来上がり、とゆーわけ)

午後から早速みんなで梅取り開始。木に登りたくてウズウズだったHRは(そのくせ丈の短いスカートで、いくら『下に短パン履いてる』と言ってもねぇ…だった。イマドキ、てことかね)、誰よりも早く梅に手を伸ばし、彼女が届く範囲はすべて任せた。d0078532_0514876.jpg
そしてご覧のとーりの収穫。昨年、植木屋が木の内側をだいぶすいてくれたおかげで、あたしが苦心した頃より枝葉が邪魔にならず、取りやすかったと思うけど、そのせいか何なのか、オトート2号が高枝鋏を使っててっぺんの梅まで残らず収穫しても、総重量は(落下梅含めて)15.1キロ。例年よりやや少ない。老木だからかもしれないし、天気とかが関係してるかもだけどね。(でも晴天続いたし夏日も多かったからそれはないかな) それにやや小粒。とは言っても直径4、5センチはあるから店頭にあるモノよりはでかいと思うけど。

無事に収穫を終え、みんなで昼食。HRママが朝作って持参してくれた手巻き寿司を食べた。ハハとオトート1号夫婦はチチの見舞いへ行き、あたしとHRは留守番で梅ジャム作り。このジャムはただぐつぐつ煮るだけでなくていくつか作業工程があるから(種とか取らないといけないしね)、微妙に「待ち時間」とゆーのが生じる。さてどーしたものかと思い、録画してあるアニメ(ちょっと前にやってて、甥のYGがどこで聞いたのか『観たい、録画しておいて』と言うからCS放映のときに録ってた)『男子高校生の日常』を観ることにした。
まさか全話観る羽目になるとは思ってもいなかった…そんなにおもしろいか、これ。いや、おもしろいんだけどさ、ものごっつくだらないっちゃくだらないのよね。どんな話? と言われると『……オトコってバカだな、て話』としか言いようがないとゆーか。でもツボる人はツボる。1話完結ですらなく、ただもーぐだぐだの「日常」の出来事が連なってくだけなので、いつでも中座出来、合間に冷ました梅の種を取ったり、砂糖を測って鍋に入れ、じわじわ浸透するのを待ったり、なんてことが出来た。作ってるうちにみんなが帰宅し、今度は夕飯の支度をしてもらってる間もまた観たりして、結局12話(ホントは13話なんだけど1話入れ損ねたのだ)、計6時間観たことになる。やれやれくたびれるわけだ。

2人で作った梅ジャムは2キロ。美味しく出来た。よかった。アク取り作業も熱心にやってくれたしね。HRはハハの作った梅干しも大好きなので今年は『いっぱい作る』宣言してるから、人さまに分けるほどは残らないかな。自分たちもシロップを作ると言って3キロほど持ち帰ったし。
今日、オトート2号たちは車で病院まで行ったのだけど、その道順は途中まではあたしの使うチャリの道と異なる。隣家のムスコさんが帰宅してて、『こう行った方がいいのでは』とアドバイスしてくれたのだそーだ。つーことで、明日の見舞いにはその道で行くつもり。果たして時間短縮となるか否か…ちょっとわくわくするな。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-06-08 01:33 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156