不機嫌の波 と「読めばおちん」でなくてよかった と3日中2日道中雨かよ

7時間熟睡したものの、起きたら「不機嫌、不愉快、不愛想」の3拍子が揃ってて、自分で自分がイヤになった。あと3時間くらい寝ればよかった。そーも言ってらんないけど。それに寝たからって治るわけでもないしねぇ、これは。ハハなんかびくびくしちゃってかあいそーだった。悪いなぁとも思うんだけど(ホントに思ってるのか? やや疑問…)、近ごろ定期的にやってくるこの「波」は、自分でも手に負えなくなりつつある。

なので夕飯後はせっせとちぎった。たかがグリーティングカード6枚に何でこんなに時間かかるのか…それでも“集中、集中…”と念じながら作ってると、別のアイディアも出てきたりして、その仕様とか考えてたら“イケるかも”と思えてらっきー。ま、たぶんもーちょっと練らなきゃだと思うけど。それに実際に仕上がってみるまでは(カードとは言え)、油断禁物。てゆーか、プチ豆本展に出せるわけでもないのにどーすんだろか、これは。応用効く…かなぁ。出来るといーなー。

つい先ほど、電子書籍の試し読みで『ふれなばおちん』を読んだ。(1、2巻は無料で、以降の巻は最初の20Pほどが試し読み可能。で、11巻完結) あたしは試し読みでも女性コミックてのをほとんど読まないのだけど、ふと目にして、タイトルがどういう意味なのか気になってさ。全然わかんなくて。「触れなば落ちん」、つまりオトコが「(このオンナは)触れたら(自分に)落ちそうだ」て思うことらしい。いや、オンナがオトコに、て意味も含んでるのかな。ま、よーするにどういうときに人は恋に落ちるのか、て話だ。
主人公は旦那と子育てと家事に全力100%の主婦で、つまり「自分のことはすべて後回し」。故に家族からは『女捨ててる』みたいなこと言われ、バカにされたりもしてるんだけど、そこへ現れるひとりの男…て、結局不倫モノになるんか。3巻以降は20Pづつしか読んでないんだけど、結末どー転ぶか以外は内容まるわかり。なーんだかなー。思うんだけど、不倫モノってバリエーションがすごく限られる上、目新しさを生みにくいよね。人はそれを「安定」と呼ぶのか。かつて「キンツマ」シリーズがもてはやされてた時期があったけど(あたしは1度も見たことないっす)、あれは何であんなに騒がれてたんだっけ。主婦の願望だから? 不倫ドラマそのものが珍しかったのかもな。
まー何にせよ「よめばおちん」でなくてよかった。読んで“続きが気になる、欲しい”と思っちまったら大変だわよ。探し出すのも入手して読むのも楽しいけど、ンなことしてる場合じゃないんだって。

今日は父の日だった。3連チャンで見舞いに行く羽目になり、かつ、その3日のうち2日は道中(往復とも)雨という、ヤラレた感たっぷり。車道を走りながら、「銀魂」の『桃源郷エイリアン』を大声で歌わなきゃやってらんない気分だった。だって車の音の方がでかくて曲も歌も全然聴こえないんだもん。『曇天』も歌った。『カァトニアゴ』も歌えたらよかったんだけど、到底無理なので口ぱく。
それ以外のことは書く気がしないので書かない。何気にまだ「波」は続いてんのよ。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-06-22 01:02 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156