雨ン中を歩いて事務処理 と父が会わせてくれた と急患2連発

うまそーな朝食の支度がすべて整ったとこへ、父のケアマネだったKWさんが焼香に来た。ちょっと話をして、お茶を出して、そのまま引っ込んでしまった…何てもったいないことしたんだ! あたしだってKWさんに話したいこととかいっぱいあったのに! ばっかだなぁー。父のこと、一番わかってくれてる人でもあったのに。あたしのいまのキモチを語らせてもらえる人でもあったのに。悔やまれることしきり。

送り出してからしばし凹んだ。そしてその気分のまま、雨ン中を2駅先の区役所出張所へ。父の死後の手続きその他もろもろね。葬祭費ってのも出るんだよ。(葬儀社からもらった手続き関係の本には「2、3週間後に一律7万円出る」とあったけど、金額は合ってたけど「2、3か月後」だった…) で、年金に関してはまた別口なのでそのまま足を伸ばして出かけるつもりしてたのだけど、意外に時間くった上、雨だったし、あたしのバイトは(月曜は)5時からなので今日のとこはこれまで、て感じで初めての店でワッフルのランチ食べて帰宅した。新品のキレイな白木造りの喫茶店で、何と靴を脱いであがるのだ。なら、床はいつまでもキレイな白木のままだろな。

ご近所の人で、ハハが仲良くしてた方2人がどーしても父のことでの連絡がつかなかった。1人はいつも間が悪いらしくて留守。もう1人は先月旦那さまを亡くしたばかりで、どうやら娘サンのところへ行ってるらしく、やはり連絡がつかない。今日、雨の中を歩いてるときにこの2人と別々に偶然会った。ハハが肩を震わせるようにして父のことを告げると、2人とも半泣き顔になって悼んでくれた。別れてから、『会えてよかったね』とゆーと、
『お父さんが会わせてくれたんだわ…』
としみじみ。たぶん、そうなんだろうな。ずーっとこの2人に言えないで苦しんでたことを知ってただろうから。

5時からのどーぶつ病院で、まさかの「8時以降に急患2連発」。院長のAMセンセは夜間救急病院(のセンセもしてる)で会議で、獣医1人と看護師サン1人とあたしのみ。いつもはこれで充分なんだけど、2連発ともなるとね…しかも2匹とも(別の部位からの)出血でさー。てことはタオルをやたらと消費するわけで、洗濯機5回も廻しちゃったよ…。
1匹目のわんこが来たときは、バスタオル真っ赤状態で、抑えてるだけでこちらの両腕も真っ赤。外傷ではなく、陰部からの出血でまずは剃毛から。毛足が長いので絡まっちゃって大変だった。血液検査にレントゲンに心電図…それらが終わってやーっとひと息? と思ったら2匹目わんこ。こちらは肛門腺破裂? 今朝来られたときに『歩いてはいけません』と言われてたのに、旦那サマがバギーに乗せて散歩に出かけたそーで、奥サマいわく『ちゃんと言っておいたのに結構長い時間を歩かせたみたいで…』で出血。あたしはわんこを支えてたので見ることは出来なかったのだけど、おむつを取ったセンセが思わず『痛そう…』とつぶやくくらい患部はひどいことになってたらしい。『もう、車の中でずっと怒りっ放しですよ、私』と奥サマ。
『何がハラ立つってね、先生。この人、医者なんですよ!』
……。そーかー、お医者サマなのかぁ~。そりゃ怒りたくもなるかなぁ。すぐ脇で項垂れて終始無言の旦那サマを前に、あたしもセンセも何と言ったらいいかわからず、ただ苦笑してた。

そのあとにまたにゃんこが来て、いったいいつ終わるんだこれは、とゆー状況になっていった。洗濯、掃除、器具補充、そしてカルテ整理という一連の作業が終わったのは何と12時。あたしにとっては7時間だけど、センセや看護師サンにとっては12時間(以上)だ。ひぃ~。
最終点検して、では帰らせていただきます、と着替えてたところへ電話…『取っちゃダメだよ!』とセンセ。しかしこの電話は、何を隠そうあたしのハハからであった。病院外へ出て、病院わんこのDZのお散歩がてら帰宅するときに電話入れたら『もう、心配で心配で…』びょーいんに電話したと言ってた。そーか、すまんかった。どーぶつ病院の電話は深夜は留守電になるけど、みんな聞いてるからね、名前告げてくれれば取る(場合もある)のよ。大抵は留守電とわかった時点で切られるけど。ま、夜間救急の番号を告げるから、ホントに救急な場合はそちらへかけられるしね。

ハハは深夜にやって来たDZを玄関先で歓待した。顔をぐりぐり撫でて、頬ずりして、何度も名前呼んで。DZはまんざらでもなく、されるがままになってくれてた。動物には、無償の癒し効果があるよなー、ホント。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-07-07 02:40 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156