都庁展示の打ち合わせ と東京五輪に思う とせっかくCRPを克服したのに

「炭の水」はなかなか美味だった。水道水と全然違うか、と言われるとちょっとビミョーな気もしなくはないのだけど、飲み比べるとなるほどカルキ臭が消えてるな、とゆーか。1リットル作って「1日で飲み切るように」と言われてたけど、ハハとあたしとで飲んだので言われるまでもなく1日で飲み切った。1ヶ月使用して、その後は部屋の消臭剤として使うのがイイらしい。新しく買うか否かは1ヶ月後に考えよう。本日は父の月命日。わかりやすくていいな。

そして今日は、都庁展示「HearTokyo」の打ち合わせ(兼顔合わせ)でもある。出掛けにポストを覗いたら、9月のプチ豆本フェスタのDMが来てたので持参した。(あとで名刺と一緒に配ったら好評だった)
都庁へ来るのもホントに久しぶり。話には聞いてたけど、中(ロビーより奥。あたしらは庁舎の会議室を使う)に入るのにカバンを預け(中を見せ)、セキュリティゲートをくぐる、という洗礼を受けなくてはならなかった。ま、そんなに厳しいモノでもなかったんだけどね。『誰かびびーって鳴らせよ、ネタになっから』なんて笑いながら全員無事通過。(しかしこのあと、あたしは庁舎内で買った自販機の紅茶缶で見事にブザーを鳴らしたのであった。『いまそこで買ったんですよー』と言ってやったけどスルーされた)

打ち合わせは(親子コラボとゆーのもあるので子供も数名いて)、17、8人ばかり。知った顔は…4、5人かな。みなさん真面目なので、混乱することもなくスムーズに終わった。展示は9月の新宿西口プロムナードを皮切りに、いくつか巡回する。あたしが参加したのは6年前だけど、内容的に変わったところはほとんどなかったな。
そーそ、以前参加したとき、都庁の担当者サンから「東京でオリンピックを」とゆー販促(スローガン?)でバッチだの手ぬぐいだのをもらい、『あたし、そんとき「けっ」て思ったんだけど、まさかホントに東京で五輪やるたー思わなかったよ』と言ったらば、参加作家サンに苦笑された。あンときのバッチとか、もしいま持ってたらプレミアついたりするのかしら。どっかにある気もするんだけど。

あたしは東京五輪に反対だった、とゆーよりは、ああいうのは「非先進国でやることに意味があるんではないか」と思ってたので、いざやるとなっても“どーなのかねぇ~”とちょっと懐疑的な感じではある。庁舎ロビーにはつい先日発表されたエンブレムが掲げてあったけど、あれ、Jリーグのそれに似すぎてないか? どっかの新聞にも書かれてたけど。デザインとして悪かないと思うけど、イイって気もしないなぁ。(余談だけど、今年の流行語大賞は「キールアーチ」か「新国立」だと思う。コンペやり直しとかするまでもなく、そのとき2位、3位だった図案でいけばいーじゃんと思ってたら、『キールアーチよりさらに金がかかる』のでダメなんだそーだ。どんなデザインなんだ。未来志向甚だしいってことじゃないか? 当初言われて大いに賛同されてた「コンパクト五輪」のスローガンはどこへ行ったのだ)

5時からのバイトには余裕で間に合い、おや、今日は待合室がら空きじゃん、とほくほくと入っていったらば、6時前後あたりから混み始め、つまりはみんな「ちょっと涼しくなる」のを待ってただけなのねぇ~、だった。
知らなかったこととは言え、血液検査でポカをやり、せっかくCRP(感染症の有無を調べる)の手順を覚えて苦手を克服できた! と思ったのにしゅん。急いでるセンセに余計な手間をかけさせてしまった。やれやれ。でもあんな専門用語、耳にするの初めてだったんだもん…。

すっかりご無沙汰してしまってる高円寺の「猫の額」に行かなくては…そんで1ヶ月も預けたままのブーツも引き取りに行かなくては…月内にもろもろ済ませてすっきりしたいなぁ。都庁展示、A2のデザインも決めてしまいたいわぁ。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-07-28 00:50 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156