ハハとセーコツ と「赤侍」 と甥(中3)と姪(中1)に本を選ぶ

今日は朝イチ(つか開院前から)混んでて、あたふたと仕事してるうちに午前の診療時間が終わった。てゆーか、木曜は午後は休診だから混んだのか。血液検査の結果をカルテに書き込むヒマもなく次々とオーダーが入り、ミスのないよう“焦るな焦るな落ち着け~!”とココロで呪文唱えてた。たぶん大丈夫だったと思うのだけど、明日になって『昨日のだけど…』とか言われたらどうしよう。

一度帰宅して、それからハハとセーコツに行った。ハハは本当に初めてで、以前誘っても『何か怖い』とか言って来ようとしなかったのだけど、ついに決心したみたいだ。長年の介護で首も肩もえらいことになってるようだし、事実そのとーりだった。同行してよかったわ。

で、2人でランチ。ハハが『バーガーが食べたい』と言うのでバーガーきんぐに行く。こではいつもアボカドわっぱーを頼むのだけど、先日買ったときはガチガチに硬かったアボカドが食べごろになったので今夜は「アボカドとクリームチーズの蒸し鶏丼」だよ、と言って別のにする。ちょーど「赤侍」とかいう名前の辛いハンバーガーが売り出し中で、しかも注文するとコーラのLが無料になると言う。2人してそれにした。(コーラのLなんてさすがに飲み切れない…と思いきや、意外にも飲み切ってしまった。暑いからだねぇ~。普段なら飲めないよ) 「赤侍」はバンズからして真っ赤で、おおっ、と期待したのだけど、辛さの程度はそれほどでもなかった。辛いには辛いのだけど、我が家の辛さはこんなモンじゃないのでね。でも美味しかったし、なかなかボリュームもあってよかった。

それから2人で本屋。ハハが、日曜の納骨のときに甥のYGと姪のHRに本をあげたい、選んでくれ、とゆーので。となると俄然はりきってしまうあたしとしては、嬉々としてまずはラノベ棚に直行。でもYGはいまや「1日1冊」の勢いでラノベ読み漁ってるらしいし(あたしが以前あげたラノベ『ソードアート・オンライン』が発端だとしたらママにちょっと申し訳ないくらいだ)、大体いまのラノベって巻数がありすぎる。1冊完結のラノベは逆に本としておもしろくないのか? とか勘ぐってしまうし。
結局、2人への本はラノベを離れることにして、YG(いまや中3)にはアシモフの『われはロボット』にした。(あたしこれ、誰かに借りパクされてるんだよな~、返せよぅ~) 改訂版、てのがどんなか気になるわぁ。ホントは高見広春の『バトル・ロワイヤル』にしようと思ったんだけどね、在庫なかったのよ。星新一や伊坂幸太郎も読んでるみたいだけど、ここらあたりでラノベは卒業して洋書世界へ入って欲しいかな、と。しっかし少なくなったねぇ、ハヤカワの水色背表紙。一段もないもんなぁ。てゆーか、そもそも翻訳モノが極端に少ない。昔読んで感動した洋書は全然ないもん。こんなに偏るのって良くないと思うんだけど。

そして、同様に読書家であるHR(中1)には、乙一の『暗いところで待ち合わせ』を選んだ。彼女の好みは異世界ファンタジー系らしいのだけど、そういうのにしたらかぶりそーじゃん。乙一は怖いのもあるけど、この本だったらラノベ感覚のミステリとして楽しめるかな、とね。こちらはホントは恩田陸の『夜のピクニック』にしようと思ってたのだ。でもなかった。こう毎日のように新刊が並ぶんじゃ、人気作家で賞を取ったりしてても数年も経てば淘汰されてくのも仕方ないか。
ま、2人には悪くない本を選べたつもり。あとは本人がどー思うかだけど。(300円超の差額ができてしまったことがちょびっとココロ残りだ…)

出資者はハハなので本を渡したら、帰宅して乙一を読み始めてた。半日で読了してて、『悪くなかったでしょ』と言ったら『うん、おもしろかった。(HRに)ちょーどいいんじゃない』と言ってた。他に読みたいと言われたら、何が貸せるかなぁ。この人の本もいつのまにかないんだよねぇ…『GOTH』はあったかな。あれはどーだろ。ちょっと微妙っぽい気もするな。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-08-07 00:03 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156