ちょっと力みすぎ? と追加絵本の数 と絵本原画探し

あ~、やんなきゃやんなきゃーと思ってた展示会の告知を3本続けて書いたらすっげー疲れた…もーここ書く気力ないんですけどいーですか。そーですか、ダメですか。はいはい、続けます。

HearTokyoのA2作品(4分割)の1枚の色がどーして気になって、ピンクの丸を紫に変えた。無理矢理剥がしたのではなく、ほんのちょびっと(キモチ)大きくちぎって上から貼ったのだ。見た目はたぶん大丈夫。3、4枚重ねたらさすがにバレると思うけどね、1枚程度なら厚みもそんなに差は出ないし。
そしてドキドキしながらA2の額(6年前の「HearTokyo」出品時に購入したモノ)に入れてみる。そしてひっくり返す。

  う、うぅ~ん…ちょいと力み過ぎた感があるなぁ

てのが自作品に対する正直な感想。色使いが激しすぎる…てほどでもないんだけど、4枚繋げるとね、1枚だけ見てたときの(制作中の)印象とはだいぶ違うよね。当然なんだけど。ぱっと目は引くけども、ごちゃごちゃしてるし。もっと「考えずにシンプルに」いけばよかった。あんな必死こいてちまちまちまちま三角ちぎらずにざっくりやった方が、馬たちの疾走感も出て文字も映えてよかったんじゃないのかなぁ。もーいまさらどーにもできないのがもどかしいわ。搬入まで3週間弱あるんだけどさ。もー無理っすよ。

馬たちの絵は「父に捧ぐ」なので、仏壇前まで持ち出して報告がてら置いてきた。ハハは『いーじゃない』と喜んでくれたけど、父だったらどー言ってたかなあ。馬見てにこにこしてたかな。そもそもどーしてあんなに馬好きだったのか、聞いておくんだった。じっさまも大好きで、隠居後は毎週末競馬に行ってたし、そーいやじっさまの香典返しは『祖父の好きだった馬の皿を贈ります』と一筆添えて、サンドブラストで描かれた(でいいのか?)、サラブレッド馬の絵の皿を贈ったんだよな。昨今では珍しくなった自宅葬で、参列者の数も半端なかったから、通夜も葬儀もやたら目まぐるしかったのを覚えてるわ。あの香典返しの皿、『ウチにも1枚』と言って父が買ってたけど、どこにあったかな。最近見てない気がする。

「HearTokyo」が無事(と言っていーのかどーなのか)を終え、豆本展示会に備えるべくまずは在庫調べ。とほほ…と泣けるほど在庫がなく、だが果たしてだからって単純に追加していーもんだろーかと悩む。あんまり昔の絵本は作らないつもりだけど、でもそっちは「あとは製本するだけ」の状態で数冊分づつあり、逆に最近の絵本や詩本は在庫もコピーもない…とりあえず「KAPPAしりとり」と「KAMEしりとり」はセット売りするつもりなのでコピーしてくるつもりだけど。

別にしておいたはずの原画が見当たらなくてあわわと泡吹いて探し、ついでに部屋も片しながらだったのであっちゅー間に夕方、バイトの時間。(原画はあったものとないものが…) ほとんど何も作ってないにもかかわらず、そして先週までの土曜なんかよりラクだったにもかかーらず、くたびれた…告知3本のせいかなー。
今夜は柚子シャーベットを食べて、明日は豆本がんばろーっと。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-08-30 02:16 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156