東京は運がいい と父の500円玉貯金 と廃版絵本 と『幽麗塔』読了

いやー、びっくりしたね、今朝の地震。4時59分だっけ。震源地が東京湾て珍しいんじゃないかな。震度4? 5? 特に被害はなかったよーだけど。ウチは、こけしがン十本倒れたのと、あたしの『真田太平記』7、8巻が落下しただけでした。(早く読めってことかもなー)
過日の台風もだけど、東京って意外に頑丈とゆーより「運がいい」気がする。これまでも「超大型台風」とか「◯年に一度の大雪」とか言われても、まぁそれなりに被害はあったとしても比較的軽微だしさ。
で、ふと思うわけよ、東京ってどっかのエライ陰陽師が張った結界に守られてるんじゃないかとか、局地災害や突然の竜巻、今朝の地震みたいなのは謎の異能者集団vs最高機密防衛軍の激しいバトルの結果なのではないかとか。お? 否定する? へー、するんだー。あたしゃしないよ。宇宙人も超能力者も幽霊もUFOもUMAも「いる」んだよ。だって

  その方がわくわくするから

これに尽きるね。ジンセイでわくわくしたくないなら、片っ端から否定してけばーのさー。

さて、今日は当然のよーに二度寝して、朝食後はまたせっせと製本。どーしてこんなにメンドな表紙にしたんだろう? とか、これってどーやってOPPに梱包してたっけとか、作りながら自分にイライラしてきて、ちょっと外の空気を吸いにウチを出た。ケーキも買わなきゃいけなかったしね。
チャリではなくてくてく歩いて、父が生前(まだ元気だったころ)に貯めてた「500円玉貯金」が数万とかあるのだけど、それがみんな「旧500円」だってことが判明したのでその両替も兼ねて。前にもちらりと書いたけど、父はこーして貯めたお金でからくり時計を買ったのね。で、みんなが喜んだのでまた集め出して『今度は何を買おうかー』と言ってたから(結局、何とは言わなかったから、たぶん思いついてはいなかったと思う)、「家族のため」に使うことになるな。約6万ちょっと、だった。とりあえず交換したのは2.4万だけど。(出来るかどーかのお試しでね、持参しただけだからね)

ケーキは、バナナたっぷり、生クリームたっぷりの土日限定、その名も「バナナマウンテン」にしたのだけど、ハハにはちょっと不評だった。フルーツたっぷり、がよかったらしい。でも欲しいのがなかったんだもん。てゆーか生クリームたっぷり、がよかったんだもん。
帰宅してからはまた製本を続行し、その豆本専用に使ってた表紙の紙がすでに廃番で手元に5枚しかないことがわかり、再びがっくり。いっそのことこの豆本(「It's not tears」と「For your smile」)も廃版にするかなー、と思う。これら以前に作った、「ナイナイクリスマス」「素敵な一日」「しっぽのきもち」は、手元にあるコピー分がなくなったら廃版にしようと思ってるのだけど。でもそーすると「くりくり」が主人公の絵本がなくなっちまうんだよねぇ。そこがまた難しいところ…う~ん。「つべるっくりん」シリーズももーいーかな、と思ってるんだけどさ。

すぐバイトの時間になり、皮膚病(?)のせいかフケだらけで、かつ駄々こねて暴れるわんこをずっと抱いてたら、臭いがもー染み付いちまってその後の仕事がイヤになってしまった…ざっとシャワーを浴びたい感じ。胸当てのついたエプロンは着てるけど、肩とか登りたがるし、頭こすりつけてくるしね。いやー、まいったまいった。
まぁ、それでも比較的早い時間に終われたので、夕飯後、『幽麗塔』を一気に読了した。(昼間は読まなかったんだぜぃ、エライだろ) 「幽霊」ではなく「幽麗」であることに8巻で気づいた。全9巻で何で8巻まで気づかないかね! うん、でもおもしろかった。性同一障害とか同性愛とか性倒錯とかも上手く取り込んでて。イイ奴が死んじゃうと、"◯◯ぅ~っ!"とココロで叫んでしまうね。くぅ~、いい奴だったのになー、って。それでまた話が盛り上がるんだけどさ。
さて、ココロ残りもなくなってすっきりしたところで明日もがんばろっと。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-09-13 01:45 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156