ばっさりしてもさっぱりせず と友人の突然の訪問でいろいろ考える

ハハが健康診断の結果を聞きに行って戻ってくるのを待って、髪を切りに行った。ばっさりやったがさっぱりはしなかった…つまりしっぱい。くぅ~! たぶん、あたしの説明がヘタだったんだなー。つか、わかってくれてると思ってたんだけど。襟足あたりはホントにばっさりやったのでイイのだけど、両脇がまだ鬱陶しいまま。クセ毛なので落ち着かないし、ボブっぽいんだけど拡がっちゃってバクハツしてるよーに見える。もっとすっきりさせるつもりだったのに。『ムースなんかをつけて落ち着かせて』とかいうけどさ、そゆのがキライとゆーか、メンドいんだもん。だからやっぱり帽子は手放せない…になるんだよね。

昨日に引き続きカレンダー。「ひたすらちぎり」に突入。でもやっと4月…12月までまだ遠いな。明日1日で…は無理かもしれない。定期健診だし、びょーいんもあるし。
夕方、突然の来客にびっくりした。以前、ウチの前のアパートに住んでた人で、あたしの出店先にも顔を出してくれてるSTさんで、連休に台湾へ行って来たのだと言う。そのお土産のお菓子を携えて来てくれたので、ハハと3人で珈琲飲みながらしばしおしゃべり。この春に越したのだけど、それでも近所であることに変わりはなく、DMをチャリで配達に行こうと思ってた矢先だったので手渡せてよかった。
彼女の仕事は「生活保護受給者の相談窓口」みたいなところで、これから順次始まる「マイナンバー」の交付からこぼれてしまう人の話なんかもする。『自分の本籍地がわからない』『住民票がどこにあるかわからない』て人は少なからずいて(老若カンケイないらしい)、地道な聞き取りと確認作業に費やされる大変さにはハハと2人で絶句するしかない。それでも彼女いわく『半官半民なのでちゃんと週2日は休みが取れてるけど、これが民間だったらもっと大変らしいです』。う~ん、そうなのかぁ。以前、寝袋持って会社で寝て、なんて話も前に聞いたことあったんだけど、お休み取れてるだけマシなのか…。

生活保護の不正受給なんて話もよく聞くけど、ちょっと前に読んだネット記事によると不正受給者は全体の4%ほどなのだそーだ。残りの人たちにとっては大事な命綱なわけで、彼女も接してて
『こんなにひどい人生を歩んできて、リセットも肩代わりも叶わないのだからせめてちゃんと受給してあげないとと思う』
と言ってた。同感だな。多くの「不正受給でない人たち」のためにも偏見は失くして、最低限の生活は保障してあげないとね。いま、どれだけのネカフェ難民がいるのか知らないけど、彼らの「マイナンバー」ってどうなるんだろ。みんな「宛先不明」で戻ってきたりするのかしら。マイナンバーの交付によって、「そこからこぼれてしまう人たち」の存在がどれだけいるのかわかれば、それだけでも交付する意味はあるのかもしれないな。

先日、ペットとして繁殖したにも関わらず、流通過程で死んだ犬猫の数が初めて統計されて、その数が3万匹だった、とネット記事にあった。これまで統計されたことはなくて、およそ数千匹だろう、と言われてた数をはるかに超える頭数だったわけで、これからどこがどんな対策を取るのかが(やっぱり仕事柄)気になるな。にしても多すぎるよ、この数。ペットを必要として飼う人も増えたからだと思うけど。くれぐれも安易に飼おうとするのはやめてくださいね。ペットは飼い主を癒してくれるけど、愛情だけでなく手間もお金も時間も必要だからね。そこのところはお忘れなく。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-10-06 01:47 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156