錠剤カットしてて思う とケナフから非木材中性紙 と「おそ松さん」

昨日、今日とどーぶつ病院ですごぉ~く実感&痛感したことがある。

  肩がばっきばきに凝ってると、1/6錠60個作るのはとてもしんどい

錠剤をカットする、専用のハサミとかあるのね。フツーのとどー違うかとゆーと、ハサミの刃と刃が噛まないんだ。寸止め? みたいな形。それがやりやすい、てわけでもない気がするんだけど。ま、ともかくそいつを使って60個。(カットし終えて確認のために数えるのもまたしんどかったりする) 錠剤の数としてはたかが10個なんだけどさ、薬の消耗が激しいことこの上ないんだよね、ここ。毎日、メーカーから注文した薬が届くし、空き箱もすぐいっぱいになる。聞くところによると、1ヶ月の薬代は軽く100万を超えるのだそーだ。待合室にせいぜい3人しか座れないよなちっさな病院で、購入してる薬が月100万強。改めてすげーなと思ってしまった。

今日は夕方仕事に出るまでひたすら作ってた。まずはカレンダーの一文入れ。(気分が乗ってるときじゃないと文字がヘタレるので今日までほったらかし) 無事、サンプル含めて7部完成して、それからカード作り。
先日、「ポストカードに使用してたケナフ紙がセカイドからなくなった、代わりとなる非木材中性紙を買った」と書いたけど(あれ、書かなかったかな?)、今日初めて使ってみた。これまでより白さが増して、たぶん滑らかになった。「ちぎり貼り」では気にならないし、問題ないんだけどね、書く人にとっては問題だったかもなー、といまさらだけど思ったりした。あたしはゲルインクのペンで書いてるけど、万年筆とかだったら、これまでのケナフはペン先が引っかかって書きにくかったかもしれない。だとしたら申し訳なかったです。

とは言え、カードそのものは(これが作りたいのに)せーんぜん売れてないんだよねぇ。去年の三茶ではグリーティングカードはともかく、ポストカードは皆無…それよかシールの方が売れてるので、作るならそちらからだったなー。カードより手間な上、値段は同じという、いささか納得いかないシロモノでもあるのだけど。(でも高いと売れないしね~…たかがシールだしさー) ポストカードはまだ途中なのだけど、予定より早く仕上がりそうだから(今日のどーぶつ病院の仕事はちょっ早で終われたのでね帰宅してからまたちぎれたのだ)、シールも追加するか。新作グッズも作れそーだし。
あぁ、そしてまたアイテムが増えてスペースが狭くなって、ごちゃごちゃ感満載のブースとなってしまうのだな…。
震災支援くじもどーしたものかなだし、作るより「いかにコンパクトな荷物にしてシンプルな出店(かつ稼げる出店)にするか」、考えた方がいいよな、たぶん。

どーっでもいーことだけど、昨夜、録画しておいた『おそ松さん』を観た。(「おそ松くん」じゃないよ、「さん」だよ) おそ松一家の6人兄弟の、何と27年後。初回は自虐ネタ満載、どこぞのアニメのパクリ&パロディ満載で、笑えるのか笑えないのかかなりビミョーなところだった。でも、深夜にアイス片手にぼーっと見てるには悪くない…かもしれない。まだ何とも評価できん。6人の声は素晴らしくよいのだけどねぇ。次回から6人それぞれの個性が出るならイイかもしれないな。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-10-11 01:33 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156