ダン箱に切手シート貼り と気になる文庫70円 と「赤めだか」追記

さて。なかなかハードな1日であった。まずはごーとくじ。しかも3辺120センチのダン箱2箱をカートに乗せててくてく。そーそ、この福祉センターのバザー用品詰まったダン箱、ゆーぱっくで送ると1200円ばかりかかるのだけど、ふと思ったのだ。

  父の残した古い切手シート使えばよくね?

だってさ、どんな美品でも1シート額面の87%とか90%とかなんだよ? 使う分には100%なのにさ。と、ハハにゆーと『いいんじゃない』という返事だったので早速実行。とは言え、額面が20円とか30円とか、みんなそんなんなんだよね。15円になんてのもある。つまり1シート20枚綴りを貼っても3、400円くらいにしかならない。ダン箱上に2シート貼ったらあとは宛先ラベルで隙間がなくなってしまう。でもやった。2箱とも(50円のもプラスして)1000円分にして持参。「同一宛先2箱以上」の規定枠に入るので、差額300円で済んだ。
しかしなかなか壮観だったよ、ダン箱にシート切手貼り。どうやって消印するのか知らないけど、あれはあれで好事家に売れるんじゃないのかなぁ。有効活用してくれるといいなぁ。
てことで、今後雪丸からモノが郵送されてくる覚えのある方、「シート貼り」をお楽しみに。不要であればそこだけ切り取って何かのついでに送り返してください。これはこれで寄付先があるんで。

郵便局で知り合いのMKに会い、ちょっとおしゃべり楽しんで(過日の商店街くじ、彼女は17本引いて500円、1000円1本づつと100円15本。あたしは5本引いて5000円と100円4本だったのだ、いひひ)、それから帰宅して今度はチャリで真逆方向へパンを引き取りに。で、ハハと待ち合わせてスーパーで年末年始用品をしこたまお買い物。喪中だから特に何もしないけど、それでも餅は食べるしね。

昼食後は今度は新宿。某百貨店。ひでーんだぜ、寝具のセールしてるからハハが目当てのベットカバーを買いに行ったら『セールは終わりました』とかで別のお高いの薦められて、買う気になれずに帰宅して、あたしが『まだセール中じゃん』と電話したら目当てのモノがあってさ。で、取り置いてもらってあたしが出かけたわけ。

寝具売り場行く前に、西口のB・オフへ行った。「毎月29日はB・オフの日」とかってんで、ポイントの他に250円ごとに50円のクーポンが出るんよ。文庫その他紙袋いっぱい持参して、合計1060円とクーポン200円分がついた。すっげー! まさかこんないい値がつくたー思わんかったよ。はいはい、で受け取ったわけだけど、あとでレシート見てちょびっと後悔した。マンガは、タイトルとそれがいくらになったかがレシートに印字されるのだけど(悪くない値段だった。松本大洋の『Sunny』3巻が300円だった)、文庫はただ「文庫」なんだよね。
それはいーんだけどさ、「10×7冊、20×5冊、30×8冊」とあった中に「70×2冊」てのがあって。え、何に70円もついたんだ?! とびっくり。過去、文庫が70円で売れた記憶はない。何を売ったか懸命に思い出そうとするのだけど、どーしてもわからん。ハハが出した(あたしは未読だけどいーや、てことで)『坂の上の雲』は全8巻だから30円かなとか、だぶって買ってしまったスペンサーシリーズは20円くらいだろとか、ここで108円で買った『臨場』や『アンテナ』は10円くらいかなー、と思うのだけど、あとが思い出せん…2冊てことは上下巻かなぁ。あと何入れたんだっけかなぁ。悔しい。その場で確認すべきだった。

寝具売り場で目当てのモノを買ったあと、急いで帰宅(途中でトイレットペーパーを買った)、それから珈琲と菓子パン頬張ってどーぶつ病院。おや、待合室に1人じゃん、と思いきや、甘かった…ウラに廻れば洗濯物と洗い物の山、追われてるうちにどんどんやって来る患者さんたち…大型ゲージ洗いに加えて補充だ何だとやってたらにゃんこのんこ踏んだ。しかも両足べったり。やれやれ。これで「年末ジャンボ宝くじ」はイタダキかな!

そーそ、昨日の「赤めだか」の追記。
談志が落語についていいこと言ってた。
『赤穂浪士の討ち入りで、そこに加わらなかった家来たちがいる。落語ってのは、そういう連中が主人公なんだ』
うまい! すごい! 落語の本質を言い当ててる! と思った。あたしなんかが言うのは恐ろしくおこがましいのだけどね。これ書き忘れたなー、とあとで思ったので書いた次第。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-12-30 00:52 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156