頭か首か肩なのか と点滴機 とダン箱でマンガ とIS氏再び

何だかムチウチになった気分で(なったことないのでそれがどーゆーもんかわからないけど)、ともかく何をするにも(うがいも振り向くのも)頭痛がするのでなーんもやる気が出ない…こと2日め。昨日、どーぶつ病院でセンセが『頭? 首? 第一頸椎かな? 肩凝りではなく?』とか言ってて、全然ちぎってないのに何で肩凝り? とも思うのだけど、もしかしたらホントに肩凝りからきてるのかもしれない。しばらくセーコツに行ってないんだけど、センセは『行くなら整形外科』とゆーし。
肩凝りだとしたら原因は本と切手の整理しか思い当たらないんだけどね、もしそれだったらちと情けないわ。あの程度のことで? と思うし。そんで「もしかしたらコーネンキ?」と思って、「ローガンより早く?」とちとぞっとした。認めたかーないけど、そゆトシでもあるんだよねぇ。はーあ。

そーそ、昨日どーぶつ病院でちょっとおかしかったことが。
センセが点滴機の操作してて、傍らに立つあたしに『ストップというまで早送りして』と言われて早送りボタン押してたのね。『ストップ』『はい』『(ちょっといじってから)再生して』『はい』で、何の違和感もなく「開始」ボタン押したらセンセがはっとして顔をあげた。
『?』
『ヤだ、あたし何「再生」とか言ってんの?! CDプレーヤーじゃあるまいし! 再生ボタンなんてあるわけないじゃんね!』
『ははは、でも意味は通じましたよ。気づかなかったし』
『ん~、何かぽろっと出たんだよなー、この「早送り」がイケないんだなー』
てことがあったのでした。ホントならあたしが『先生、点滴機に再生ボタンはありません』とツッコむとこだったんだけどね、会話が自然すぎて(?)何とも思わなかったんだよねぇ。

午後、本の貸し借り仲間(兼作家仲間)のBQからどどーんと大量の本が届いた。貸してたマンガと、貸してくれるマンガとがダン箱1つ分。おおっ、これちょっと気になってたんだー、と思いつつ『ダンジョン飯』を手に取ったんだけど(こゆ話かな、と思うとーりの話であった)、どんな姿勢でいても、動かずにいても、第一頸椎のちょい上あたりがズキズキ痛む。そもそも寝てても痛んで、寝返りすら打てないんだからマンガですら集中できない。悔しいなぁ。いつもならさらっと読んでしまうのに。

夕方、昨日の査定人IS氏から電話があり、これから伺いたいと言う。昨日見せた、中国陶器(写真だけ撮っていった)が欲しいという人がいるから買い取りたい、という話だった。昨日持ち帰った画帳の中国人とは別の人が興味を示してるらしい。残念ながらちょっと欠けてるので高い値段にはならなかったけど、それでもまとまった額を提示してくれ、ハハが了承して受け取った。昨日のもそうだけど、今日いただいたお金もすべて新札。『古いものをお譲りいただくのですから、こちらからは新札で』ということらしい。ふふーん、そういうものか。そーいやハハの友人は『髪をきれいにしてもらうのだから、キレイな紙で』という理由で美容院ではいつも新札なんだそーだ。ハハはお稽古事の月謝は新札にしてたな。かく言うあたしは、ギャラリーへの支払いが現金手渡しの場合は新札にしてる。深い理由はないんだけどさ、何となくね。

あ~、それにしてもこの頭痛…明日ちゃんと仕事できんのかなぁ。明後日の健診結果のときにどーすればいいか訊くつもりだけど、そこで解決はしなさそーだしな。やっぱ整形外科なのかね。
いまは雨だけど、明日が雪ならびょーいんはヒマかなー。
[PR]
by yukimaru156 | 2016-01-18 00:28 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156