薬か注射か と苺ロールケーキ とハハは深夜1人観戦

薬と湿布のおかけでだいぶラクにはなったけど、それでも深夜目が覚めて、痛くて寝返りがうてない…わけではないけど、ちょっともそもそすることになる。薬が切れたから、てことなんかなぁ。朝も「起き上がる」のがやっぱちとしんどい。起きてしまえばフツーに動けるようにはなったのだけどね。

とは言え、早番仕事では昨日より今日の方がつらかった…姿勢の問題かもしれないし、気遣ってくれる割には、“そー思うならそれは頼まないでくれ!”とツッコみたくなる仕事が多かったせいかもしれない。出来なくはないけどちょっときついかな、てのの連続。
午後帰宅して、それからすぐ整形外科へ。(金曜日に、と言われてたのだ) ラクにはなったけどまだ痛みがある、と言ったらば『まだ3日だからねぇ~』と先生。
『後頭部が痛いんですけど、それも同じですか』
『うん、ここでしょ?』
まさしく「そこ」を触られる。
『神経圧迫してるからね。注射、いっておこーか』
とぷしゅう。ここの先生、注射好きとゆー噂はホントだったな。足元のゴミ箱は注射針でいっぱいだったし。先日、処方箋薬局でばーさんが薬剤師に『あそこの先生はすぐ注射だから嫌なのよ』と愚痴ってるのが聞こえてた。

あたしは注射も薬もキライではないが、処方されるとしたらどっちがマシなのかな、と考えてしまった。薬の方が「◯日分処方されたけど良くなったから飲まなくていいのか、全部消化しなくては効かないのか」とか考えてしまうから、注射の方がマシかなー。でも行く度に打たれてたら、やっぱいい気分にはならんだろーな。
あれこれ言われてるうちに何を質問したかったのかも忘れ(こーゆーのって難しいよね、訊くタイミングが)、『徐々にカラーを外す時間を増やしていくように』と言われて帰ってきた。言われなくても仕事中は外してるし(やっぱ見た目悪いので病院に来る人に見せられない)、「ないと不安」な感じも減ってきてる気がする。完治まで1週間と言ってたけど、ホントにそのくらいで良くなれそーな気がしてきた。

昼食後、天気が良かったのでハハを誘って(郵便物を出しがてら)、ぐるっと近所を歩いた。で、ハハが『お汁粉を食べよう』と言うので、むかぁ~しからある、父が学生だったころよく入ったという甘味処へ。(もちろん代替わりしてるし、店も改築されてる) ちょっと悩んで、あたしはクリームあんみつにした。何かここ来るとこればっかだなー。干しあんずがないのが気に入らないんだけど味は美味。
先日、友人が『せぶんの苺ロールケーキが美味しい、ぜひ食べて』と言ってたので、帰りに瀬分に立ち寄り、2つ買った。あたしもハハも滅多にコンビニとか行かないので、しばし店内をうろうろ。1人分のけんちん汁の具材とか、冷食の抱負な品揃えにハハと2人で『へー』とか『ふーん』とか連発してた。冷食のたい焼きが2個入りで118円で、試しにそれも購入。

で、夜になって苺ロールケーキを食べてみる。う~ん…美味しいっちゃ美味しいけど、コンビニスィーツだったら瀬分より廊損の苺ロールに軍配を挙げるな。ロール生地のしっとり感も、生クリームの緩さも(瀬分の方は緩すぎ)、廊損に比べるといまひとつ。これはハハも同意見だった。教えてくれた彼女は知らないのかもしれない。食べ比べてみて欲しいわ。

階下のハハから悲鳴だの歓声だの拍手だのがあがってて、そいつが12時過ぎても終わらず、こんな時間に叫んでていーのかと思ってしまう。つか、もー1時だし。あ、サッカー観戦中なのよ、いま。えーと、準々決勝? 延長戦? え、勝ったの、よかったね。1人であそこまで盛り上がれるのは素晴らしいよ。こんな時間までゴクローサマでした。
明日は同窓新年会。なのに雪かぁ~。ま、ランチだからそれまではもってくれるかな。夜は病院だけど、そっちは雪ならヒマだろーしね。
[PR]
by yukimaru156 | 2016-01-23 01:12 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156