長くしんどい1日だった… とジンセイ初の! 

しんどい1日だった…いろんな意味で。しかも何が一番しんどいって「終わってないこと」! だ。終わってないんだよ、このナイシキョー話。は~あー。

昨夜飲んだ下剤のおかげで午前3時過ぎにトイレにこもる羽目になり、ハラくだしてるわトイレ寒いわでトホホな気分。6時には起きて、処方された薬飲んでから「大腸洗浄薬」なる粉末の入ったボトルに1.8リットルの水を入れ、これを1時間かけて全部飲む。ぽかりみたいな味なのでそんなにつらくはなかったのだけど、さすがに1時間で1.8リットルてのは相当な量で(普段500ミリを飲むのですら大変だとゆーのに)、せいぜい1.2リットル。結局、飲み切るのに1時間15分くらいかかった。がんばった方だと思うけど。

トイレが近くなったのはそれからで、行ってまたすぐ行きたくなって、を繰り返し、あんまり頻繁だから(すでに水)、いちいちトイレ流すのも水道代のムダではないかと思って3回に1回くらいにした。9時半にウチを出るまでに20回は行ったと思う。
で、病院までてくてくする。チャリでは通院しないようにと言われてたのだ。何でもちょっと麻酔するから、帰りはふらついて危ないのだそう。ふーん、そーなんだー、て感じ。無理そーなら押して帰ればとも思ったんたけどね。

お尻のぱっくり割れたでかぱんに履き替え、軽い麻酔(意識ははっきりしてる)を打たれて、いざ内視鏡。痛かった…ずっとではないのだけど、ときどき「ぐぅおぉぉぉ~っ」と声あげたくなるほどの激痛で、側に立つ看護師さんがそっと肩に手を置いて『大丈夫?』とか『我慢できそう?』とか声かけて励ましてくれてた。ま、痛みは持続しないので、内視鏡で見る「自分の大腸の中」を眺めることも出来たんだけどさ。思ってたよりキレイだった。あんだけ水分補給と排出を繰り返せばねぇ、て感じだけど。
30分足らずで終了。先生のことばに思わず「う」となった。
『ポリープは1つだけですが、大きいのでここでは処置できませんでした。後日別の大学病院で』
て、まさしく「えぇ~っ?!」だ。あんなしんどい想いして、何も処置できず、てことにがっくり。どうやら1センチ以内なら処置できる(切除できる)けど、あたしのは1.5センチあって、根元はもっと大きいから「入院、手術」となるらしい。

話はそこで終わらない。先生から説明受けたあと、ついでな感じで申し訳ないと思いつつ、先週、首に出来たこの赤い発疹(虫さされだと思ってた)は何でしょうか、と訊いた。先生は『あ~』と眺めて見てひと言。
『帯状疱疹だねぇ』

  40代最後にしてジンセイ初の「頸椎捻挫」で「内視鏡」で「入院」で「帯状疱疹」かよ!!

っくくく…昨日になってハハが『それ、もしかしたら帯状疱疹じゃないの』と言ったのが当たってしまったわけだ…それまでは考えもしなかったのだけど。赤いぶつぶつは幅5センチほどで、最初は痛痒かったのだけど、いまは触ると痛い、でもちょっと気になる、という程度。塗り薬と飲み薬を処方してもらい、一昨日からなぜかムショーに食べたくなった近所のパン屋のたまごパンを買って、処方箋薬局で親しくなった薬剤師さん(ここのわんこがよくウチに来るのだ、妙なモノ食べて)から帯状疱疹について話を聞く。疲れて体力落ちてるとなりやすいのだそーだ。そんなに疲れて体力落ちてるかなぁ、あたし。自覚ないんだけど。
にしてもびっくりしたのがこの帯状疱疹の薬代。内視鏡(ポリープ切除はなかったけど)の値段とほぼ同額の6700円。1週間分の薬でそんなにするのかよ! だ。それでも『初期だから大丈夫』と言われたので、それを慰めとした。ポリープもね、1人の先生は『キレイだから癌ではないように思う』と言い、1人は『これだけ大きいと癌の可能性も』てことだったけど、気にしても仕方ないので気にしないことにする。

帰宅してどどっと疲れて、ごはん食べたあとは熟睡。どーぶつ病院休みにしてもらってよかった。また休まなきゃだけど。
夕方からは「ちぎり」仕事に没入。入院とかいつになるかわかんないけど(2、3日らしい)、前倒し制作してたのは正解だ。早く仕上げて早くラクになろう、と何となく気が急いてたんだよね。背景は無事完成したし、文字の色柄も決まった。今週中には仕上がるだろう。たぶん。
[PR]
by yukimaru156 | 2016-02-16 00:39 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156