内視鏡の話 と映画『恋人たち』 と震災支援金を振り込み想う

そーいえば、入院がどーだったかについては書いたけど、内視鏡検査そのものについては書いてなかったね。知りたい方もいるかなーと思って(いないかもだけど)、ちょろりと書きますかね。
診察台に横になって(あ、その前に「お尻に穴の開いた」ぱんつ履くんだけど)、麻酔とかしなくて(ずーっと付けさせられてた点滴の中に何か入れてたな)、『ゼリー塗りまーす』『指入れまーす』『内視鏡入りまーす』て感じで進み、先生と助手の人と3人でモニター見てたんよ。で、患部にたどり着いたら『冷しまーす』(だったかな?)で、レーザーみたいなのでぷしゅう~。みるみるうちに凍結する患部。で、そこを焼き切って、当然凍結したとこからは出血せず、ぽっかり穴の開いたとこにクリップ。これ、自然と排出されるモノらしい…すげぇーな、医療技術って。

問題としては、このクリップが落ちたあと、出血するかどーかだったわけだけど、昨日も今日もフツーにオツージ(どーぶつ病院で言うところの「有形軟便」だったけど)があって、でもだいじょぶっぽかった。つーわけでめでたし。なんだと思う。診察台で横になってるときに先生が『見ますか』とゆーので『はい』と言って見せてもらったポリープは直径2センチくらいの腫瘍だった。大腸壁もだけど、キレイなもんだったわ。きっと長く放置してしまうと癌になったりするってことだと思うけど。しかしこの程度の大きさで『お尻(の穴)から出ない』とか言わないで欲しいよね。ジョークならジョークで返したかったけど、ビミョーすぎて返せなかったよ。

術後、てっきり先生から今後の生活についてあれこれあるんだと思ってたらなーんもなし。看護師ですら「特に言うことありません」て感じで、体調確認されただけ。こっちから訊くと『今日は消化のいいものを食べてください』って、そのくらいはわかるんだけどそれだけ? みたいな…ま、ないならないで越したこたーないんだけどさ。

2泊3日の、規則正しい寝・食・禁煙生活はあっさりと終わり、昨夜から深夜にかけてはアイス食べながら『僕だけがいない街』や『おそ松さん』を見て、寝たのは4時、起きたのは10時過ぎ。9時に寝て6時に起きてたのがウソみたいね。
昨日は都庁展示に来てくれた方への礼状作りにも励んだのだけど終わらなかったので、今日はその続き。そしたらハハが『ね、映画行かない?』と誘ってきたので、ちょっと気乗りしなかったけど近所の映画館まで行ってきた。2015年の邦画『恋人たち』。

観ていて、あまりのつまらなさ、冗長さ、生活感の汚さ、退屈さ、そして「これのどこが恋人たち? 一体何が言いたい話?」とだんだんむかっ腹が立ってきて、そもそもどーしてこれが「キネマ旬報1位なんだ!」と叫びたい衝動に駆られた。ゲイの弁護士にも生活に疲れて不倫する主婦にも何の共感も出来ず、新婚の妻を通り魔に殺されて自暴自棄に陥った男のやり場のない怒りを共有するだけ。
これ観てて連想したのが、いまも拡散を続けているであろう、つい先ごろラインに載せられた『保育園落ちた日本死ね』の文章。国会でも取沙汰され、あちこちに波紋を拡げてる。この匿名女性の言葉を要約すると「保育園に落ちたので仕事を辞めなくてはならない、何が「一億総活躍社会」だ、活躍できないじゃないか、子ども増やしたいなら施設増やせ、手当厚くしろ、五輪エンブレムに何億と使ってる場合か云々」なんだけど、言わんとしてることはわかるっしょ、あれと同じ感じ。やり場のない怒りが「日本死ね」まで拡大するわけだ。

今日、3.11の2時46分は、映画館までの道をハハと歩いてた。歩いたまま黙祷した。復興まではまだ遠く、住居もままならない人も多く、生活不安を抱えてる人もいっぱいいる。そんな状態でどうして東京五輪をオモテナシな気分で迎えられるのだろーかとも思う。国立競技場に何億かけることになるのか知らないが、それはお金だけではなく「建材と人材」も費やすことになり、それも復興を遅らせる遠因になる。なぜ上の人たちがそうは思わないのか不思議だ。

映画館に入る前、震災支援金として去年の「支援くじ」売り上げ4300円と、父の蔵書を売ったお金を合わせた5790円を振り込んだ。去年はあまり活動できなかったのでこんな額になってしまったが、今年はもっと出せたらと思う。今年の初めには、ちょっとゲリラ的に(?)、震災支援としての展示会をやるのも悪くないなと思ってたのだけど、頸椎捻挫、帯状疱疹、そんで内視鏡入院となってしまったのでね、無理だった。でも5年目の節目だからって「思い出す」のではなく、いつでも「何か出来たら」とは思ってるから、それがいつであれ何か形に出来ればいいかと思っている。

夕食はハハに連れられて会席へ。ハハにとっては『退院祝い』らしい。これが素晴らしかった。7品に主菜がついて2000円。値段も素敵だ。今度どーぶつ病院の先生にも教えてあげよう。






(-人-)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-03-12 01:37 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156