「ワンピ」の78、79、80巻 と世田谷アートフリマ と明日は早番で遅番

オトート1号がやって来る、とゆーのは甥のYGが買ってる「ワンピースと暗殺教室の新巻が読める」てことと同義でもある。(カイシャから来たのでなければ、だ) であるにもかかわらず先日来たときは『あたしこの前の巻読んでない!』て騒ぎがあって、今回はちゃんとその前の巻から持ってきてくれた。つーことで、今朝からぱかぱかに励むハハの隣でワンピースの78、79、80巻を読んでた。何かもーさー、こんだけ続くと前の設定とか忘れてて、それが気になるどころか「気にせず読む」よーになるな。だって『◯◯って誰だっけ』と尋ねたところで『✕✕編のときに◯◯した△△』みたいな返事されても余計混乱するし。気にせず読むのが一番? みたいな。にしても個性的なキャラが多すぎて、逆に見分けがつかなくなってるわ。

いいキャラはいっぱいいるけど、文句なしにトラファルガー・ローはかっこいい。渋い。好みだ。これに尽きる。登場すると「やった」て気分になる。ぎゃーぎゃー喚く系が多い中で、彼とドラゴンだけが寡黙で、かついろんなことをちゃんと考えてくれてそーで頼もしい。サボもなぁ、も少しイケメンだと思ってたからそこんとこだけちょっと惜しいわ。
『暗殺教室』はまだ未読。明日のお楽しみかな。

昨日、「発表は23日」と知らされてた世田谷アートフリマの出店可否通知が来た。『今回も募集枠を大幅に超える応募』があり、『厳選なる審査の結果』、ちぎり屋の『出店が決まりました』とさ。つーことで、

  4/24(日)、世田谷アートフリマ(三軒茶屋 キャロットタワー内)、出店しまっす!

翌週には高円寺が控えてるのだけど、こちらは屋内でかつ1日のみ、しかもスペースも狭いので、アイテムも抑えられてると思われマス。でもま、どちらかに来てもらえればありがたいっす。詳しい告知はまた改めて。

「厳選なる審査の結果」とか言われると聞こえはいーけどさ、ジャンルでかぶる作家さんはまずいないだろーし、世田谷在住の方が有利なイベントだから十中八九、受かるだろーとは思ってたんだ。希望日が通って何より。(土日どちらかしか出られないのだ) この世田谷アートフリマ、ずーっと前に出たことあるんだけど、正直、集客力ないなー、て感じだったんだよねぇ。認知度が足りないとゆーか。でもこれだけ続いてるってことはそれなりに認知度も上がったのかな、てことでね久々の応募(しかも締め切り当日)、出店。いつも三茶に来てくれる地元の方とかも来てもらえたらいいなぁ。

夕方からはどーぶつ病院へ。祝日は休診なので、のんびりまったり…てわけでもなかったのだけど(入院中のわんこにゃんこもいるし、クスリまとめたり何だりかんだり)、待合室がひしめき合ってないだけ気分はラク。それより問題は明日、みたいな話をセンセたちがしてたので、どーしましたか、と訊いたらば『連休明けだから混むと思うけど1人休みで、かつAM先生にも所用がある』てことがわかり、んじゃ早くから出ましょーか、と言ってみたら『ありがたい』『なるなら早番も』て話になってしまった。しきりに大変ではないかと気遣ってくれるのだけど、センセやスタッフの方がよっぽど大変だしね。「人がいないときのための人員」であるわけだから早番、遅番となろーとも行けるときは行く。ナイシキョー代も稼がないとだし。

つかさ、ただでさえ2月は(閏月であっても)働いた日数が少ない上、3月早々に4日も休んでしまったからね。今月の給料はいつもより少ないんよ。ここらで稼いでおかないと! て危機感も否定できないわけ。(ウチのとこの給料は「毎月20日〆の末日払い」なのだ。ありがたいことに現ナマ手渡し、であーる) アートフリマで稼げるのが一番だけど、いつまで経ーっても未知数とゆーか不安定だしねぇ。
ま、ともかく明日は早番遅番の2度出勤。ミスらないよーがんばってきますよ。






(V)o¥o(V)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-03-22 00:03 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156