お隣騒動再び とクリニックにて と上出来めちゃ美味ドライカレー

いやはやびっくりだー、もしかして大捕り物か? てことでちょっと慌てたりした。ウチではなくお隣で。思いがけずおまーりさんとしゃべっちゃったりしたよ。キョーデキ(今日の出来事)が吹っ飛んでしまった。(いつものごとくたいしたことじゃないけど)

何があったか、そっちから書くか。
12時過ぎ、ハハが就寝したあとに起き出して、『お隣で何かあったみたい』と言うのでベランダに出た。パトカーが停まっておまーりさんたちがウロウロしてた。
『何があったのか見てこようか?』
『うん、そうして』
てことで外に出てみたのだけど、誰も隣人の動向には目もくれない。無線で何かやりとりしてるのだけど内容もわからない。う~ん、カンケイないとか言われちゃうかなー、でもいちお隣人だから、何があったかくらいは説明してもらえるケンリはあるよなーと思いつつ声をかけてみた。
『隣の者ですが、何かあったんでしょうか?』
『何人住んでらっしゃるかわかりますか?』
とゆーので説明すると、まずはそれ報告して
『「動けない、助けてくれ」と通報がありまして。でも施錠されていて入れないんですよ。警備会社に連絡を入れて、いま合鍵を待ってるところなんですが15分はかかると言うことで…』
そーか、でも本人が通報してるってことはとりあえず意識はあるんだなとほっとしつつ、息子さんが近所に住んでるので連絡とりましょうか、と言うとおまーりさんの顔がぱーっと輝いて、本当ですか、それはぜひお願いします! と素晴らしい食いつきっぷり。
でもあいにくの留守電…合鍵とどちらが早いか、て感じになってしまった。

何が起こってるのかわからないので、電話を繰り返しつつ(おまーりさんにも伝えた)、あたしもいちお無事を確認するまでは、と玄関先まで来てるハハにあれこれ報告しつつ待つ。待ってる必要もないっちゃないんだけどさ。
つい先日、鍵紛失騒動があったばかりで、ハハと『合鍵を庭先にでも隠して置いておいた方がいいのでは、と伝えるつもりだったのにその間もなかったね』なんて話をしてた。ほどなくして合鍵到着。息子さんとは連絡取れないまま救急車、となった。「動けない」のはカラダのどっかが折れたとかではなく、胸部疾患らしい。そんな話は聞いてない、とハハは言ってたけど。まぁ、しゃべれるくらいには元気そうだから、大丈夫じゃないかなと思う。

そんなこんなで小一時間も出入りしてたのでちょっと冷えてしまった。
今日は2ヵ月に1度のクリニックで、頸椎捻挫から帯状疱疹、ポリープまでの経過を説明する。こっちから切り出すまで完全スルーなのもどーかと思う。つか、別の病院紹介しといてその後、連絡ないとかあるのかね。その病院からまた別のとこへ行ったわけだけど、その2つは連携してるみたいなのにね。よくわからんな。つか、こっちを向かずにPC相手にしゃべってるだけってのも(会話内容を入力してるわけだけど)、どーなのかと思うよ。ハハも同じとこで違う先生なんだけど、同様らしくて『失礼しちゃうわ』とぷんすか。同感だなぁ。

今日は制作できないまま、あっち行ったりこっち行ったり、日中はハハが不在だったのでドライカレー作ったら絶妙に辛くて美味くて満足満悦。隠し味? のウスターソースと醤油が効いてるのか、ガラムマサラのおかげか。何にしても大成功で、その後どーぶつ病院へ行ったら仕事が意外にもさくさく終わって早帰り。制作する気分でもなかったので明日にして、BQから借りた『黒の契約者』全4巻を一気に読了。の話を書くつもりだったんだけどね、また別の機会に。あれば、ですが。







(V)o¥o(V)
 
[PR]
by yukimaru156 | 2016-04-06 01:55 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156