ゆっくりできなかった! と片付けと掃除と歯医者 と大道芸の投げ銭

ミントチョコアイス食べながら「文豪ストレイドッグス」を見て、風呂入って寝たのが4時近く。午前中目一杯寝てやるぜ! と思ってたのに、まず8時に『ゆーがっめー!』とメールが来て目が覚めてしまい、しゃーねーなーと思いつつまた寝たら、9時ちょーどに隣家の水道工事が始まった…とんでもない音だった。それでも意地で寝てたけど、どーにも眠れず、10時にはごそごそと起き出した。そりゃーね、早寝しないあたしだって悪いよ? でもしばらくオアズケ喰らってた深夜のお楽しみだったんだもん。こんなの日中(ハハがいるそばで)なんて見てらんないじゃん。別にやましいモノではないですよ、念のため。名だたる文豪の実名出してるってだけで、内容はあるよなないよなだし。

ハハに同情されつつ、冬物のジャケットなんかを洗濯し、念願の片付けとお掃除。も、どんだけ掃除機入れてなかったっけ、てくらい掃除してなかったのだ。「掃除機を入れるスペース」がなくて。ちなみに昨日持ち帰った荷物はまだ梱包を解いてない。これにはちゃんと理由がある。
高円寺アート楽市が「作家さんに人気がない」ことは書いた。いわく、ケヤキの大木から落ちる樹液で作品が汚れる、てのと、下が砂地なのでその砂埃がひどい、てのとで。週末出た限りではそんなこともなかったのだけど(場所にもよったのかもしれない)、片付けるときにOPPがやけにざらついててさ。隣の藍染の作家さんも『何か(商品入れてるOPPが)ざらざらしてる…』と言ってて、なるほどみんなが言ってたのはコレだったんだねー、なんて話をしてた。風は穏やかでも、空気に混じってるんだろうね、砂の粒子が。
なので梱包といたら、ただ片すだけではなくて、OPPに入ってるモノもそーでないモノも、一品づつ拭き取らないといけないのだ。そこまでの気力は残ってなかったので、全部後廻しにした次第。

洗濯物ほしてざっと片付けてさっぱりして、それから朝食用のパンを買いに行き、戻って昼食のあと、歯医者。今日でホントにラストだけど、前歯がやっぱりちょっとグラついてる、てことで両脇の歯とボンドで接着、てことになった。(見た目はわからない) それでも食べるときは気を遣いそーだし、豪快にがぶり、てわけにはいかなそーだ。はーあ。やだやだ、トシヨリ臭くて。

昨日はいろんな作家さんと立ち話できたのだけど(出来ることが問題っちゃー問題)、安いのしか売れない、という定説についてダンボール手紙のTM氏が解説してくれた。
『これからG.Wだってのにどこにも行かずウチにいる、てこと自体が「金がない」てことだし』。
ふむ、なるほど。
『いまの人はお金ないよ、子どもの携帯料金も支払ってるからね』
ふむ、これもわかる。
『大道芸(三茶同様、ここでも駅周辺でいくつもの大道芸が繰り広げられてるイベントなのだ)で投げ銭の額が減って、芸人たちが集まらなくなってきてるらしいよ。彼らも死活問題だしね、ちゃんと金払って観てくれる人たちが集まるところに行きたいでしょう』
あ~、そーかー。何かそこんとこが不安だったんだよねぇ。あの人だかりの中で、どんだけの人が「観たものに値する金額」をきちんと自分の頭で考え、ちゃんと支払ってるんだろうか、って。『わー、すごーい』と驚いて、拍手して、それですっと帰っちゃったのりしてないよね? 100円ぽんと投げ入れて終わりとかさ。「見せる芸」となるまでにどんだけ努力してるかとか、そこまで思い至らなくてもいいから、せめてきちんと対価というものを考えて欲しいと思う。

あたしらは作ったモノに対して、値段をつけている。その付け方に対してはとりあえず置いとくとして、お客さんにはその金額に見合うモノかどうかを考えてもらって、見合う、と思ってくれた人に売る、という商売だ。(余談だけど、あたしはカレンダーの裏紙で作った大小の封筒(+マスキングテープ+ちぎり絵)を3枚200円で売っている。昨日、どうしてもこの4枚から1枚外せない…て感じで迷ってる若い女性がいたので、その4枚で200円でいいですよ、と言ってあげた。『え?』と言われたので繰り返すと、再び『え? なぜ?』で、いやそのあたりの裁量はあたし次第なわけだしと思いつつ、とくべつー、なんて言いながら4枚渡した。『大丈夫なんですか?』って、何がだろー? テキヤに金払ってるわけじゃないし、最低価格ってわけでもないし、大損こいて泣く値段でもない。何か噛み合わない会話をしたあとのよーな、妙ちきりんな気分であった) 提示された価格に見合うか見合わないかの判断はそれぞれ違って当然で、特に手作り品なんてのは「手作りだから高い」「手作りだから安い」の両方があり、正解なんてない。ないんだけど、昨今はその正解を求めてるように思えるなぁ。だから大道芸にいくら払えばいいかわからないで、投げ銭が減ってくんじゃないかしらん。あたしらよりずっと大変な仕事してると思うから、その労力に見合う報酬を得て欲しい願うんだけど。

歯医者のあとはB・オフへ廻って『ブラッドラッド』10巻まで買った。(10巻だけ360円だけど) 棚からごっそり抜いたあと、まったく同じものを棚に入れてた…おもしろいのは9巻までなんだろか…まだ1冊も読んでないんだけど。
帰宅して、それからどーぶつ病院。今日はG.Wの谷間の平日だったわけだけど、そんなに忙しくもなかった。お預かりわんこが、ゲージの中に入れた途端にぶりぶり。せっかくほかほかのタオル敷いてあげたのに。カンゴシさんいわく、『この子はいつもそう』だそーだ。何アピールなんだ、それは? 
高円寺のこと、まだいろいろ書きたいことあった気がするんだけど、また改めて。メール滞ってる人もいっぱいで申し訳ない。







(;・∀・)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-05-03 01:28 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156