父の服整理で自分の服が増えた と大島ぬり絵の想定内NG、想定外NG 

父の着てた服は相当量を処分(福祉センターのバザー用か古着回収)したはずだが、それでもまだこれだけあるの?! て量のモノが出てきた…う~ん。くらくらする。
あまり袖を通してないモノや、もらったけど着ていなかったモノ、比較的キレイな状態のモノは福祉センターに寄付することにして、まずはその仕分け。
『これ好きだったよね~』と見慣れたシャツをかざすと、
『私が、ね』とハハ。
『何を着るのか選ぶのは私だもん。キホン、何でもいい人だったし』
そーでした。でもお洒落であったことも確かで、リーマン時代は派手なネクタイばかりしてたし、現役を退いてから、特にディサービスを利用するようになってからは派手な靴下を好んで履いてた。あっちでは靴を脱いでスリッパや上履きに履き替えるからね。目を引く靴下履いてるとスタッフさんとかに『今日も素敵ですね』なんて声かけられるのが嬉しかったらしい。

安物ばかりってわけでもないのだけど、オトート1号も2号も甥のYGもあまり欲しいとは思わないようで(でもYGはセーターなんかを数着持ってったかな)、処分を待つかどーかをハハと議論してみたり。中にはあたしが着てもいーかなー、と思えるのがあったりして、ちょっとこれイイかも、とよけてたら結構な数になってしまった…う~ん、嬉しいよーな、そーでもないよーな…。自分の持ち物も減らそう、とがんばって(?)処分したつもりだけど、その分また増えた感じなのだ。本も増えちゃってるしねぇ。どーしたものか。ともかく、気に入ってるけどあまり着ない服とか、も少しがんばって減らすようにしよう。

父の洋服をバザー用と古着回収とに分け、ちょっと銀行行くついでに買い物も~とウチを出ようとした矢先に電話があった。昨日送った大島復興支援のぬり絵が到着したらしい。そして想定内のNGと想定外のNG。いわく、

  想定内NG: 対象が小学校低学年なのでもう少し単純な絵にして欲しい
  想定外NG: 豪雨による被害(1年間雨量が1日で降った計算になり、それによる土砂災害は東京ドーム21個分にもなった)を連想させるので、花畑に散水はナシの方向でお願いしたい

その他にもいくつかの点で話し合ったりしたけど、納得できる話でもあるし、「もっと単純に」ということであれば簡略化するばいいだけの話。くりくりたちのお茶会は、うさぎ1匹のみにして、ケーキタワーは普通のケーキにした。TN氏はどうやら鳥の形したティーポットがお気に召したらしく、ニンジン柄カップと鳥型ポットはそのままGO。こういう小細工がね、描いてて楽しかったりするから、色塗りも楽しい、と思ってもらえるといいなぁ。

そういうわけで、帰宅してからはとりあえず自分の服整理は後回しにして下絵描き。FAXで確認してもらって、無事OKが出た。とは言え、これは今度はあちらの心理カウンセラーがチェックして、子供たちのトラウマに触れたりしないかどうか審査してもらうことになる。そこでOKが出ればホントにGOなのだ。
『同じ都民として出来ることを』という発案から生まれた企画だけど、その最中の熊本震災だったのでタイミングって難しいなぁと思ったりした。(むしろちょっと遅かったのでは、とか。そこに至るまでの過程を知らないので何とも言えないけどさ)
にしてもトチジの出張費その他の乱用にはムカムカするねぇ。金の使い方知らんのかとゆーか、何勘違ってんだとゆーか。トチジがそれじゃあ、その下の人たちだってどんだけ妙な使い方してるかかったもんじゃないな。そんでもって五輪の負担金が高いとか何とかかんとか、どのツラさげてゆーのかね。白けるわぁ。







<(`^´)>
[PR]
by yukimaru156 | 2016-05-12 00:06 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156