古銭、古紙幣を換金に行く と1クリック募金 とアルミホイルで焼き蛤

d0078532_06366.jpg
何の予定も入ってないオフで、さーてどーしよーかなー、と思いながらゆっくり朝ごはん食べてたら、ハハが下高井戸へ行くとゆーので一緒することにした。先月? 先々月か、にまたまた見つけた山盛りの古銭を換金するのにね、近いうち行こうね、と言ってたから。
軽く昼食したあと、それぞれ郵便局やら銀行やらの用事を済ませ、換金ショップへ。去年の年末あたりに訪ねたときとは別の男性がさわやかに応対してくれた。(イイ時計してたなぁ。どこのメーカーか聞けばよかった)

じっさま、ではなくおそらくはばっさまのヘソクリだったのではと思われる古銭と古紙幣は、古銭は10銭だけでなく一分銀とかだし、古紙幣は1円、10円だったりする。(右から読む「拾圓」だ) 古銭の一分銀や1銭、10銭なんてのはいくらとして勘定するのだろう? と思ってたら、これはもう『グラム換算』なのだそーだ。なるほど。古紙幣の方はもー「紙」なので換金は出来ないけど、中にはプレミアのつくものもあるらしく、ちょっとした束になってたので一通り調べてくれた。古紙幣ってさ、いーっぱい種類があって、専門家でも調べないとわからないらしい。キレイな連番を欲しがる収集家もいるみたいだし、1枚で800万ついた紙幣もあるのだそーだ。すげぇ。
ま、そんな素晴らしい紙幣は混ざってはおらず、換金できない古銭は「300g100円」のとこを300gちょいあったので150円にしてもらえ、100円のオリンピックの記念硬貨や稲穂の絵の入った100円硬貨は110円になり(昔より価値が上がってる、てことはすごいことだそーだ)、合計で4777円になった。昨年換金したお金同様、こちらもハハが管理する「父のお金」へ。来月の一周忌の足しになる…のかな。わからん。

それからハハと宝くじ売り場へ。熊本支援金にもなるサマージャンボ3000円と、スクラッチ2000円分。熊本支援になるから、とハハが行きたがってたのだけど、そゆことならあたしはあたしで買うかなぁと思ったり、どーしたもんかなとまだ考え中。
あたしが出店で得てる「支援くじ」の売り上げは、シビックフォースという団体に寄付してる。災害支援のプロとして各地で活躍してる人たちなんだけど、ここのHP行くと(この名前で検索すると出てきます)、「ワンクリック募金」てのがあるのね。このテのことをやったことなかったので知らなかったのだけど、説明読んでちょっとびっくり。1クリックすると3円が寄付されるのだ、指定したとこへ。(あたしはとりあえず「東北の学生支援」にした) クリックした人の代わりにお金を払ってくれるのは某企業で、今年に入ってすでに100万円近くが貯まってることになっている。1人3円でだよ? (1日1回しか寄付できないので、これを知ってから毎日1クリックしてる) この企業さんもエライけど、このシステムもすごいなぁ。どこでもやってるモノなのかしらん。ともかく覚えてる限り、毎日3円寄付してもらおうと思ってる。もっとも、あたしが寄付するわけではないので、それとは別に(熊本も含めて)考えてるけど。

さて、夕飯は昨日ハハの友人から届いた蛤。昨日、半分を蛤とキャベツのチャウダースープにしたので、今夜はパスタ。と、アルミホイルで焼く「焼き蛤」。箱に入ってたチラシに蛤レシピがいくつか紹介されてて、その中にあったのだ。アルミホイルで1粒づつがっつり包み、網で強火で焼くこと2分半。火からおろして30秒。つまり蒸すわけだね。
ウチのガス台は、どーゆーわけか強火が続いてくれないで弱火になってしまうのだけど、5分ほど焼いてみたら何とか「焼き蛤」になった。(でもちょっとナマっぽかったけど) パスタも上手く出来て、美味しかった。生前、父は『(我が家が食材に困らないのは)自分のおかげだ』とよく言ってたけど(そういう相をしてるんだそーだ)、父が亡くなっても困らないのはあたしが継いでるのか、はたまたハハもその相なのか。ともかくありがたいことだわ。







(^^)v
[PR]
by yukimaru156 | 2016-05-19 00:06 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156