きょーせーしゅーりょー と冷え冷えの理由

いやぁ~、何とか復活?させたけども、結局サポートセンターへ問い合わせたところで『強制終了、あるいはメーカーへの問い合わせしかない』てことで前者。PCにはあまりよろしくない、てことだけどさ、しょーがないじゃんね。昨夜から半日の間ずーっと「再起動中」てことは、そのままフリーズしてしまった、てことらしい。ふーむ。PC使ってあれこれやったりてことはないのにねぇ。むしろ人さまより使ってない気がするのだけど。動画も見てないし。

ま、それはともかくとして、改めて8日の出来事を。
まずはヤツ再び、だぁね。三角コーナーの中の梅ジャムの種(まだ味はついてない状態)をまき散らしてくれてたのでフタを作った。それが昨日の写真。中央にいるくりんくるは、長らく携帯のストラップとして使用してたのだけど、頭部の紐が切れてどーしよーもない形になってしまったので、でも捨てられずここで復活。フタの取っ手になってもらった。
夕飯に野菜ジュース煮込みを作ろうとして(例の不味いジュースを使ってくれ、とハハがゆーので)、納戸にあるじゃがいもを取りに行ったらご覧のよーな有り様でとほほ。数日前買ったばっかなのに。

煮込み作ってからバタバタとどーぶつ病院。順調に終わるかと思いきや、8時に急患わんこ。熱中症で、体温は40.2℃。つい数日前にも同様な状態で連れられてきたのだけど、「またなってしまった」と言うより「治っていない」てことらしい。かなりの年配わんこで、『この年になってしまうと完全に治るのは難しい』のだそーだ。わんこにゃんこは汗がかけないから、自力で体温調節ができないんだよね。

保冷材と濡れタオルでカラダをぐるぐるにし、固定式のドライヤーの送風で冷やすこと1時間。体温はやーっと40.1℃という、「1時間で0.1℃しか下げられないのか!」て感じで、センセは『内臓が熱い、点滴で中も冷やすしかない』。それから11時まで、ただひたすら冷やすことに専念。その間、あたしは診察台の傍らに寄り添って(動かれると大変なので。大人しいんだけど、たまに頭あげて動こうとしたりするのでね)、あたしの方がすっかり冷え冷えになってしまった…帰るころにはカラダが冷え切ってて、風邪ひーてしまうんではないかと思ったくらいだ。(掃除や何やはみんなカンゴシさんがやってくれた。前回のときは彼女がひたすらドライヤーで冷やしてたので、腕が腱鞘炎になってしまったらしい)
わんこは病院に泊りはせず、飼い主さんが引き取って行かれたのだけど(体温は39.4℃まで下げられた)、復活は難しいようだった。「最期はなるべく飼い主さんや家族のもとで」が先生の方針でもあるしね。もちろんそれまでは最大限の努力をするけど、最期は住み慣れた家で家族と一緒に過ごすのが一番だとあたしも思うし。
まだそんなに気温が上がってる気はしないのだけど、わんこにゃんこにとっては違うのね。猛暑となるらしいこの夏が思いやられるわ。

そんなこんなで冷え冷えで帰宅して夕飯たべてPC開けたらこの始末じゃん? もー、何なんだよぅ、て気分で風呂であったまって寝よう! としてから「携帯で送ればいーんじゃん」と気づき、撮った写真とともに送ったのが先のメール。どうやら風邪はひかずに済んだらしいけど、お腹がごろごろしてる…やっぱ冷えたかなぁ。今日がお休み日でよかったよ。






(=_=)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-06-08 13:31 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156