昭和歌謡の日?

午後、ちょっと三茶まで行ってきた。今回は4キロの梅ジャムを作ったわけだけど、容器がぜーんぜんなくてさ。ハハも友人にあげたいとかゆーし、100均だとせいぜい数個程度なので、パッケージ屋へ行ったわけ。ま、ここには文具もそれなりにあるのでね。セカイドほどはないけど浅草橋まで行くよか交通費は安いし。そもそも浅草橋は「だけ」では絶対すまないからね。ついでにアレもコレもになってしまうから、結果的に結構な出費になってしまうんよ。

そんなわけでパッケージ屋に行った。ジャム用容器は50個で1パック、しかもフタは別、なんだけど、それでも安い。ありがたい。しまった、OPPの不足のサイズも調べておくんだったー、と後悔しながら文具なんかも見る。
店内にはいかにも「昭和歌謡」な曲が流れてて、以前は80~90年代のMJなんかが流れてたんだけど、誰の趣味かなー、トラックの運ちゃんが流してるよーな曲だなぁ~などと思ってたらいきなりイルカが流れて、あー、この曲何だっけ~? ♪ 窓の外は雨 雨が降ってるぅ~ って「雨の物語」かー、とサビを聴いてタイトル思い出してすっきり。CD持ってないなー、テープは捨てちまったなーと思いながらレジへ行こうとし、その2曲ばかりあとのイントロで足が止まった。こ、この曲は! 「ルビーの指環」じゃんか! 懐かしすぎるぜちきしゃう! て感じで。もうレジ並んでもいいのに、不要なモノ眺めつつ、結局最後まで聴いてしまった。

 ♪ そして2年の月日が流れ去り 街でベージュのコートを見かけると 
  指にルビーのリングを探すのさ あなたを失ってから

て曲のラストの歌詞が当時友人らの間でちょっとした物議をかましてさ。「2年経っても別れた女に未練たらたらで女々しい」てのと「2年経っても忘れられないなんて切ない、可哀想」てのと。あたしは…どっちだったかな~忘れてしまった。後者だった気がするけど。たぶん、聴いた当時の年代によって印象が違うだろね。
この曲がわかるのはアラフィフあたりの人が主だと思うけど、すげー流行ってね。いまは大御所俳優の1人である寺尾聡が歌ってる、てこともだけど、ベスト10番組の中で彼の曲が3曲も入るという快挙を成したのだよ。アイドルたちがわいきゃい歌い踊る中、大人の歌だな~、と異質故に印象に残った。あたしが好きだったのは別の曲だけど、タイトルすら忘れてしまったわ。こういうのって「聴くまで知ってたことすら忘れてる」んだよねぇ。好きでも嫌いでもなかった、ために持ってない曲って、ちょっとかじり聴くと「そのあたりのヒット曲まるごと」聴きたくなるよなぁ。

安い駄菓子屋であれこれ買って(近所の同系列菓子屋は突然閉店してしまったのだ)、夕飯の買い物して帰宅。それからどーぶつ病院。何だかわさわさとせわしなくて、ちょっと大変だった。
落ち着きない、やたらはしゃぐパグのS丸の散歩に行ってくれ、というのでリードとンち袋と水持って出かけた。歩きながらあっち向いたりいきなり走ったり不意に立ち止まったと思ったらあたしの足にしがみついてみたり。何なんだ、何がしたいんだ、言-たいんだ、とツッコミつつ排尿排便完了で戻った。で、センセが『ちょっと様子みるから診察台へ』と言うので、無駄にはしゃいで暴れる彼を乗せる。ばたばたと落ち着かないので体重が測れない。何とか押さえてたらセンセが『落ち着かないねぇ、パパの歌でも聴く?』と言ってそのまま歌いだした。(センセも相当疲れてるよーだ…) そう、彼のパパは某有名歌手サンなのだ。世代的にはあたしの少し上くらいで、「歌は知ってるけど歌手は知らない」曲。そーか、この曲がそーなのか、と思いながらあたしも歌った。S丸が静かになった。笑えた。何の曲か書くと飼い主サンがバレてしまうので書けないけど、『おウチでもこの曲聴いてるのかー、S丸ぅ~』とセンセと苦笑してしまった。ちなみに30代前半のカンゴシさんはこの曲を知らなかったっすよ。
帰宅は11時過ぎ。疲れたー。今日はなぜか「昭和歌謡の日」だったなー。






( ̄▽ ̄)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-06-15 02:03 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156