植木屋が来てこんもりがさっぱり とセンキョへ行く とレバハツニラを作る

朝8時過ぎには植木屋サンが来て、9時にはハハは同窓会に舞浜まで出かけてった。この炎天下で(でも先週の暑さよりややマシ?)ばっさばっさと枝葉を落としてくれてる植木屋サンのこと思うとゴロゴロしてるのもしつれーな気がして、こちらはせっせと製本。途中、10時には「おやつ」として冷えたお茶のボトルを保冷材バックに詰めて和菓子の「夏鮎」を出した。鮎の形した、どら焼きの皮みたいな中にギュウヒが入ってるやつね。(この甘いところてんみたいな中身の「ぎゅうひ」はどの字なんだろか…) 父が好きだったのでちょっと懐かしくて買ってきたのだけど、父に供える分も買ってこればよかったなぁ。何で思いつかなかったんだろ。

1時過ぎには作業はすべて終了し(いつもこのくらいをメドにやってくれるのだ)、料金を支払う。庭の木はどれもすっごいさっぱりし、紫陽花もこんもり加減が半端ではなかったのだけど見事に刈ってくれた。それでも来年にはまたこんもりするんだけどねぇ。
45リットルのゴミ袋に入った枝葉は全部で19個! いやはや…おかげで庭の「すっきり」を眺められるのは10日は先だわ。安い料金でやってもらってる代わりにこのゴミの始末はウチでやることになってるんだけど、1度に出せるのは4袋まで、と決まっている。可燃ゴミが出せるのは週2日だけだから、再来週の火曜まで庭は一望できない、てわけ。みなさんが思ってるほど広い庭ではないのでねぇ。ただ、ホントにあれやこれやと庭木がいっぱい、てだけで。でも暑苦しいことこの上ないボサボサな庭だったから、さっぱりして嬉しいわ。暑い中ご苦労さまでした、植木屋サンたち。

戸締りして、センキョに出かけた。いっちゃん暑い、2時過ぎに出かけたのだけど、ぽつぽつと人は来てた。ちゃちゃっと済ませて、夕飯の買い物。ハハの予定が未定だったので(舞浜にあるホテルでバイキング、だったのだけど、それは昼食なので以降の流れがどーなるか不明だった)、どーしたもんかなーとスーパーを歩いてて、ふと「レバニラ」が食べたくなってそれに決定。ちょっと多めに作っておけばハハもあとで食べられるし、不要だったら明日の昼に食べればいーし。
スーパーではレバーの他にハツも売ってたので(これはあるときとないときがあるのだ)、そちらも買う。製本がひと段落したので、ちょっとだらっと録画したまま放ったらかしてた『デュラララ!✕承2』を見た。(タイトルこれで合ってるっけ? 2期だけど) おもしろいんだけど、1期めを大概忘れてて、まだ録画を残してあるので最終回見たら遡って見たくなって、最終回から2話めもついでに見る。するとその前の筋も見たくなって…とラチがあかんのでそのくらいにして『承』を4話続けて見た。

そろそろ夕飯の仕度に取り掛からねば、と思ってもやしの根っこ取り。これ嫌う人もいるけど、あたしゃ好きなんだよねぇ。ハハもだから遺伝だぁね。
レバニラ(とハツともやし)は、なかなか美味しく出来た。味噌汁がメンドくさくて作らなかったら、食べてる間にすごく欲しくなってそこんとこが失敗。たかが味噌汁されど味噌汁。食べ終わるころにハハが帰宅した。夕飯はまだだとゆーので、食べさせた。えらい歩いた1日だったらしく、携帯(の万歩計)を見て『1万5700歩だ~、疲れたわけだぁ~』と苦笑い。そりゃ疲れるわなー。ましてやこの夏日だし。でも水族館はちょっと羨ましい。もー何年(いやン十年?)、行ってないや、水族館。

「you too?」の表紙はやはり革にしよう、と思って、どの革がいいか物色する。引き出しいっぱい、革ハギレがあるので困らないのだけど、今回は統一しようと思ってね。ハギレの中でも比較的大きいので選んだのだけど、13冊ギリギリ取れるかどうか…豆本としてはやや大きめだからさ。「黒猫アオの目は緑」ほどではないのだけど。
革をカットしてる途中で疲れてぎぶ。あとは明日、てことにした。考えたらあたし、今日は4時間も寝てないんだった。明日はもちろん7時間は寝かせてもらうよ。






(´ー`)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-07-11 01:08 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156