熱伝導スプーン とA2パネル とチラシ原稿のための落書き

えー、まずは昨日のお買い物の話から。って、そんなすごい買い物したわけじゃないよ、フツー。
両国から1駅の浅草橋で下車して、ひさしぶりと言っても1年くらいしか経ってないよなーと思いながら階段を下りてったら正面に「こめだ珈琲」の看板が飛び込んできてびっくりした。遂にここまで進出してきたか~。昔に比べてホントに飲食店(それもチェーン)が増えたねぇ。それだけ「作家御用達の問屋」が減った、てことだとしたらちょっと寂しい。

2軒ほど廻って目当てのモノを入手したあと、シモジに入った。買い物リストを探したら財布にもカバンにも入ってなくて慌てた。あ~、やっちまった~! この「書いたリスト」を忘れる、てのも過去何度やっちまってることか! とほほな気分で、記憶を頼りに買い物。ま、そんなに長いリストでもなかったのでね、こんなモンだったかな、とハハに電話を入れて机のメモを読み上げてくれ、と頼む。(ちょーど帰宅したところらしくて助かった) 全部で10品くらいあったのだけど、見事にクリアしてた。OPPのサイズまで合ってた。素晴らしい!

7階からカゴ提げて歩いて下っていって(文具売り場にはやはりもうムックはどこにもいなかった…わかってても見ずにはいられない)、1階で会計。レジ前に「熱伝導スプーン」なるモノが置いてあって、つい手に取った。
『あ、もしかしてこれって自分の熱でアイスが溶けます、てこと?』
『そうなんですよ!』
とレジ打ちの若いおねいさん。
『固くて食べられないアイスもこれですくえるんです』
『へぇ~、すごいねぇ、日々進歩してるんだねぇ』
『ほんとですよね。まさか自分の体温で溶かして食べれるなんて…プラスチックだと折れてしまうこともあるけど、これだったら大丈夫ですしね』
ははは、と笑いながら値段を見る。メタリックカラーのアイス専用スプーンのお値段は1本534円。ふ~む…戯れ言いってたらレジが終わり、おねいさんが会計を読み上げてくれたのでスプーンはそのまま返した。ここで534円てことは、他店では6、700円はしてるかもしれない。ちょっと迷って、でもこらえた。「大妖怪展」はタダだったけど(招待券が当たったのでね)、A6サイズの妖怪クリアファイルと百鬼夜行ハンカチ買っちゃったしね。大体、アイスは陶器のスプーンで食べてるから折れないし。

A2パネルはクラマエ店に移動した、と言うのでそちらに出向き、そこでも若いあんちゃんと他愛ないおしゃべり。ちゃんと接客できる若い子とのおしゃべりは楽しい。
このパネル、都庁展示用なのだけど、A2パネル2枚でいくらになるのか見当もつかないでいたのだけど、セカイドよりはるかに安く、想定価格の6割で買えた。らっきー。金具とか付いてないんだけど、そんなの自分でどーにでも出来るしね。よかった、ここで買って。
と、昨日はそんな1日だったのでした。

で、本日はどーぶつ病院早番。いやはや、何でこんなに混むんだか…でたかが3時間だけど目まぐるしくてくたびれた。
帰りはぎんぎらに暑くなってて、そのままスーパーで買い物する予定だったのだけど、自分のケダモノ臭さに(わんこにゃんこをずっと抱えてると自分が「匂う」んだよ~)、一度帰宅。ハハは朝から不在だったので、窓開けて着替えてひと息ついて、ベットカバーを洗濯してから改めて買い物。本日は100~130円アイスが69円の日だったので、やっぱあのスプーンはちょっとミリョクだったかなーと思いつチョコミントその他を買う。
帰宅後は都庁展示の際に配布する原稿の制作…のはずだったんだけど、制作まで至れず、スケッチブックに落書きして終わった。こっちも早く片づけないとなぁ~。






(゜-゜)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-07-15 00:00 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156