豆本交流会準備 と重箱に風呂敷 とチビにゃんこ2匹の名前

d0078532_081583.jpg
d0078532_081552.jpg
今日は「ちぎちぎ」しないで、明日の豆本交流会の準備。写真は既製のおせちが入ってた3段重ねの重箱の中の豆本たち。と、それを風呂敷で包んでみた様子。どーです? ちょっとイケてるっしょ? え、豆本が何が何だかわからない? あ~、そこんとこはゴメンね、てことで。重箱持参、て決めたときから、それはカバンには入れず、風呂敷で行こう、と思ってた。いーっぱいあるんだよ、風呂敷。だいぶ処分(福祉団体のバザー用に寄付)したけど、「使う機会もないのに処分できない(なるなら使いたい)」と思う風呂敷もいっぱいあってね。これはその1枚。いい赤(緋色)で、鳳凰の絵も気に入ってるのだ。ばっさまのだけど、でも使った様子はなくて、ビニールに入ったままだった。これ、無地のとこに「正倉院展記念」て入ってるんだよ。「正倉院」ではなく「正倉院展」てことは、東京で展示会されたときに販売されてたのかねぇ。いい買い物したよね。

江戸小紋の、表裏で色柄の違う風呂敷も素敵だったんだけど、これは小さくて重箱は収まらなかった。でも「正倉院」がぴったしだったのでヨシ、て感じ。
そんでさー、どうせこれ持ってくなら、着物でしゃなりと行きたいとこだけど、可能なのは下駄くらいなもんなので断念。てゆーか、着れないしね、着物。浴衣でもイイかもしれないけど(まだこんなにあぢぃーし)、それも難しい。日本人なのに残念だわぁ。

荷物はこれだけではなくて、豆本協会の会長さんが蒐集してる書店カバー(だいぶ溜まった)とか、交流会には茶菓子1品持ち寄りなのでその菓子とか(近所のケーキ屋へプチケーキを買いに行った)、あと何か必要なモノがあったっけ…? と過日ちょうだいしたメールを確認してみた。びっくりした。「ビンゴの景品」として「豆本好きが好むようなアイテムやキット、豆本など」とあったのだ。豆本制作に使えそうなチャームとか布とか、そういう類という意味なのはわかるんだけど、探すにはちょっと時間かかりそうな…つか、どーぶつ病院のシゴトまでもうそんなに時間もないし…としばし考え、手前味噌でゴメンと思いつつ、重箱には入れてない豆本にした。喜んでもらえるといいのだけど。
にしても危なかった…すっかり見落としてたし。ちゃんと確認してよかった。

どーぶつ病院はわたわたと忙しく、終わったのは10時半を軽く過ぎてた。そーそ、初お目見えのチビにゃんこ2匹がいた。同じゲージに入ったキジトラで、どっちがどっちかわかんないけど、名前が「こつぶ」と「こんぶ」…うん、まぁ、かあいいかな。でかくなっても小粒かー、とか思うけど。でもみんなが『いしちゃん』と呼んでたにゃんこが実は「いしだい(石鯛?)」だった、てのよりはイイかもしれない。整理したカルテん中には『しめさば』なんてのもいたんだよ? どーゆーセンスなのかねぇ。あたしにはわかりましぇーん。でも妙ちきりんな名前って、わんこよりにゃんこの方が断然多い気がするな。「そういう名前を付けたがる飼い主はネコ派」てことなのかもね。

さーて、も一度ちょっと持ち物チェックして、明日に備えてもー寝るとしまーす。ちょっと早起きしないとね、横浜なので。







(*´▽`*)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-09-11 00:08 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156