ハハと姪のバレエ発表会を観に行く

以前から姪のHRのバレエの発表会が今日(19日)にある、ハハは観に行く、という予定は聞いてたのだけど、あたしは行くつもりはしていなかった。制作がどの程度進んでるもんなのかさーっぱりわからなかったしさ。
行く余裕はあるかな? と思えたのはつい昨日。何度か行ってるハハに対し、あたしはゼロ、てのもちょっと悪い気がしたのと、1度はちゃんと観たいな、と思って。

そんなわけで、急遽行くことにした。ウチにいてもだらっと制作もしくはだらっと過ごすのが目に見えてたし。
某市民会館での発表会は4時半からということだったけど、3時にオトート2号と立川駅で待ち合わせ(つか、車で拾ってもらい)、それから市民会館へ。開場は4時でも30人ばかり並んでて、雨も降り始め、ロビーで待たされた。HRらは朝から入ってるということだったけど会うことなく開演。ショートプログラムがいくつか並び、中盤でHRが男性ダンサー(外部の先生)と踊り、後半の「シンデレラ」では「意地悪なお姉さん」を演じた。

過去に何度かバレエの舞台を観てはいるけど、「姪が踊ってる」という贔屓目を除いても、彼女の踊りは上手かった。小学生のころに何度かAA(ダブルA)とかもらったり、コンテストに出たりもしてて、「将来は留学したい」というのが目下の目標、なだけはある。また役もよかったな。何つーか「美味しいところ」を持ってく感じで。シンデレラをつんつんいじめるとことかさ、王子の気を引こうとするとことか、見せ場たっぷりじゃん。もう1人の意地悪姉さんを演じる子は、年下ながら4歳からバレエを始めたとかで、彼女もまた上手くてね。ハハいわく『安心して観ていられた』。
ただ、主役のシンデレラを「(バレエ教室の)先生がやる、というのはどうなんだ」て素朴な疑問があり、ハハが『でもいつもそうよ』と言うのでさらにびっくり。先生だから上手いのは当然にしても、絵的に無理がありすぎる…と、HRの友人ママらとそんな話をしてたら、いままさしくそのことが問題になってるのだ、とあとで聞いた。教室のママたちも発表の日、『え、先生がシンデレラ?』と驚き呆れたらしい。(そりゃそーだ)
キモチはまぁ、わからなくもない気がするけどねぇ…主役を取っちゃダメでしょ、そこは「上手い生徒」がやらないと、生徒も観客も納得できない。

そんなこともあって、今回で教室を見限る生徒も少なからずいるようで、実はHRもその1人。すでに今回が最後で、次の教室も決まってるのだそーだ。そーだったのかぁ。益々、今日行って正解だったわ。思いのほか、たっぷりとHRの踊り観れたしね。

終演は8時で、さすがにお尻が痛かった…ママたちは裏方仕事が大変そうで、後片付けにも追われてた。こういう労働はみんな無料奉仕だからねぇ~、大変だよね。衣装だ何だでも結構お金かかるし。
ママだけ残して、2号とHRとあたしたちでイタリアンの店へ。みんなでピザだパスタだと頼んで、あたしが(名称忘れた…チーズの舟をがりごりさせて溶かして食べる)リゾットを注文したら、HRが興味津々で見てた。次はきっとアレを頼むのだろーな。
どの料理も美味しかったので、満腹満足。食後の珈琲を終えたところでママと合流できて、車でウチまで送ってもらった。帰宅は12時近かった。くたびれてるし雨だったのですごく助かったけど、3人の方がずっと疲れてたと思う。みんなご苦労サマでした。

結局、制作の「せ」の字もしなかったわけだけど、明日からまた励もうっと。
そーそ、昨日、今年の三茶のDMが届いてた。ブース№は83。ちょっと、いやだいぶ先の方だな。カレンダー語録、何とか絞り出さなきゃ!






(^o^)/
[PR]
by yukimaru156 | 2016-09-19 01:53 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156