気仙沼の秋刀魚到着! とちぎり屋なのに… と迷い犬

昼少し前くらいにオトート2号の手配で気仙沼の秋刀魚が送られてきた。素晴らしい! 宅配で送られてきたそれはでかい発泡スチロールの箱に入ってたのだけど、宅配のおじさんが『どうも、中の氷が溶けてしまったようで…』と箱をさらにビニール袋に入れてくれてた。玄関まで運んでくれたのはいいけど、袋の口が曲がってて(?)ビニールに溜まった氷水(血の色つき)が玄関に! そこんとこ注意してくれよぅ~、と思いつつ、おじさんを帰らせてから、生臭い水がぶち撒かれた玄関マットを掃除する羽目になってしまった…やれやれ。いちお、ガムテで梱包してくれてはいるのだけど、先端が緩んで剥がれてたので、そこから水が流れてたみたいだ。ま、中の秋刀魚が傷むほどではないのだけどね。送る方も運ぶ方も、もうちょっとだけ気を配ってくれたらよかったのになー。

ほどなくしてハハが帰宅し、2人で箱を開ける。氷水の大半は溶けてて、それでも立派な秋刀魚が何と16尾! まずは塩焼きかはたまた刺身か、秋刀魚ごはんか。最初は刺身かな、いっちょあたしが捌いてみるかね~、なんて思ったけど、ンなことしてる余裕のある身ではないので、2尾づつビニールに入れて冷凍したあとはおとなしく制作の続き。

しかし何だ、「ちぎり屋」を名乗る割りには、「ちぎってる」時間より製本とか革ハギレのカットとかチラシ探しとか、そういう「ちぎりではない」時間の方がはるかに長いよなぁ。ちぎってるのが楽しくて、ずっとちぎってたいからちぎり屋してんだけど。
何となくメドが立ったところで、国立へ持参する額の物色に入る。13年の個展のときに出した作品と、去年の都庁展示のモノとを並べ、ハロウィンだけどクリスマスっぽいのも行くかどーするか…ちょっとまだ考え中。そーいやあたし、ハロウィン(ぽいもの)て作ったことなかったなぁ。この時期は毎年三茶で、頭ン中はそれどこじゃないしね。ジャック・オ・ランタンとかオバケとか魔法使いとか、ちぎってみたら案外楽しいかもなー。

ミニグリーティングカードを作ってたらあっちゅー間にシゴトのお時間となり、慌てて出かけた。これまで会ったことのない、黒い、やや太り気味? の中型の柴犬がゲージの中にいた。名札がついてなかった。聞くと、「迷い犬」なのだと言う。近所の花屋の前をウロウロしてたのを捕獲され、役所はお休みなので預かってる、てことらしい。ごはんも水もキレイに平らげ、どこにいるかわからなくて不安だろーにまるで気にしてないかのようにくつろいでた。にしても飼い主はどうしてるんだろう。警察に届けたりしてんのかなぁ。ウチの病院としてはどーするんだろ。そゆ話は全然できないまま、仕事を終えて帰宅してしまったのだけど。

帰宅して夕飯。もちろん秋刀魚。ハハが捌いて刺身にしてくれてた。
『やっぱり上手くできないわぁ~。身がキレイに切れないし、皮剥いでも骨取ってても身も一緒に取れちゃうから、グズグズになっちゃうのよね~』
だよねー、わかるよ。見た目はタタキかと思うよなとこもあったのだけど、味は抜群。次は塩焼きか秋刀魚ごはんか。どっちにしても楽しみだわー。
夕飯後、グリーティングカードの続き、そして完了。明日はまた「制作でない方」をがんばらなくてはならない。メンドだけどね、そこすっきりさせとかないと、1日使えるのはもう明日しかないしさ。






(゜-゜)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-10-02 01:42 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156