歯医者はカネかかる… と制作と名刺と小袋作り はまだ続く

朝イチで…て時間でもないけど、1ヶ月ぶりの歯医者へ行った。左奥歯のブリッジは、土曜には完成するそーだ。抜歯してからちょーど2ヵ月経ったんだけど、2ヵ月でブリッジが出来るというのは結構早いらしい。フツーは3ヶ月、歯茎の復活が遅いと4ヶ月くらいかかってしまうんだそーで、『若い子でも3ヶ月以上かかる子もいる』のだとか。へへー。つか、そこ褒められてもねぇ。ま、歯抜け状態も2ヵ月も続くと「食べにくさ」も慣れてくるけど、早いならそれに越したことはないか。でもどーせなら三茶までのドタバタが終わったあとの方がよかったなぁ、気分的に。
今日は「型取り」。意外に時間かかった。それに比例して財布も軽くなった。土曜はにまん近くかかるんだそーだ…今月のあたしの売り上げが歯医者に消えてくじゃないか~っ!

あーだこーだ言っててもしょーがないので、帰宅してからはせっせと制作。もしかしたらとんでもないこと始めてしまったんではないか、まだやること残ってるのにいいのか、これやってて…と自分に突っ込みながら「ちぎちぎ」。やってたのは楕円形のクラフトシール。ちびくり(くりくりの白目のない小型たち)と、星だのハートだの双葉などの「もう1品」。これがまぁ、手間っちゃー手間だけど、楽しいっちゃー楽しい。余裕があるならね。ないのにね。何やってんだか。

ついでに名刺にもちぎちぎ。住所の入ってるのと、入ってない(メアドとブログのみ)の2種。どちらを持って行かれてもイイのだけど、必要とされるのってどっちなんだろね。住所入ってても、それ見てお手紙くれる、てことはあまり(つかほとんど)ないけど。あるとしたら「お手紙」の類ではなくて「クレーム」なのかなぁ。それはこあいねぇ。来るとしたらどんなクレームなんだろ。

遅くとも3時には仕上げてしまいたい、と思ってたのだけど、完成は4時。それから今度はプッシュピンを購入の方につける、ピンを止めておく発泡スチロールのカット。(2個300円なので、好きな2個を選んでもらって、そのカットしたスチロールにつけてもらい、レジで精算してもらう形) 先日もらった秋刀魚の入ってたスチロール箱の蓋の端をピン2つ分くらいの大きさにカットした。
随分前、スチロールカッターというのを100均で買って、それを使おうとしたのだけど効かなかった…単一の電池ひとつでワイヤーに電流が通り、それで「スチロールをキレイに切れる」てことだったのだけどねぇ。電池がないのか、カッターそのものがよろしくないのかは不明。たいした数ではないのでフツーのカッターで切った。あの白いクズがイヤだよね。それに風がさっと吹いて机から飛ばしてくれたりもして、キィ~っ、て気分。あちこち張り付くしさー。やんなるわ。掃除なんてテキトーに済ませたけど。

雨が降ったりやんだりだったせいか、今日のどーぶつ病院はさして忙しくなかったらしい。やった、早く帰れそうだ! と思ったら、あれこれ雑用があって、結局いつもと変わらない時間になった。しょーがない。歯医者代も稼がなきゃならんしね。
そーそ、土曜に保護された黒柴の迷い犬は、無事飼い主の元に帰ったのだそーだ。何だかヘンな名前だった。ヘンな名前、て書くとちょっと差し障りがありそーで書けないねぇ。妙な名前の子って多いんだけどさ、だから特定されると困るし。

帰宅して夕飯後は、完成したシールとブッシュピンの値札つけ。それから小袋作り。結構あったはずだと思うのだけど、気づいたらないという、いつものパターン。豆本展のとき、小さいのはいっぱい作ったけどね、カード類が入る大きさのがなくて。

カレンダーの裏紙でもいいのだけど、カットするスペースが確保できないので、父が「申し込んだのに全然まったく1度もやらなかった」作詞塾の原稿用紙。(もちろんまっさら) 山盛りあるし、他に使い道がないので使うのはいいのだけど、裏返したところで「作詞塾」の名前と今回のテーマやジャンルなどを書き込む蘭が透けて見えるのがちょっとこっ恥ずかしい…あたしが作詞しよーとしてたみたいじゃん。何だかなぁ。
父が存命のころ、毎月この原稿用紙が送られてくるのに1度も書かないから、だったらもうやめたらと言うと
『どうしても書きたい情景があるのだ』
と言ってた。そのとき、せめてそれがどんな情景で、どういう歌なのか、どう書きたいと思ってるのか、聞いてあげればよかったなぁ。どんな歌を書きたいと思っていたのだろう。代わりにあたしが…とまではいかなくても、別の形であらわすことは出来たかもしれないのにな。この原稿用紙を見る度にそう思うわ。
さて、も少し作っておくかな。






(゜-゜)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-10-04 00:50 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156