はぴばまむ! とYGの「ロボコン」 

明け方近くまで録画してたモノ観てたり「ぽこぽこ」してたりしたので、起きたら昼近かった…冬物はある程度だしたけど、帽子が夏モノばっかなので今日は入れ替えよう! と思ってたんだけどねぇ。天気イマイチだし、やる気も出ないのでやめて、経堂まで猫メシ(にゃんこ缶)と本を買いに行った。

本は、過日三茶に来てくれたハハの友人が欲しそうだった、紐しおりのサンプルに使ってた『復興の書店』(小学館)。広い店舗ではあるけど、小学館の文庫の棚は3段分くらいしかなく、そこに見当たらなかったのでカウンターのPC前にいた男性店員に尋ねた。内心、「書店ならこの本は置いとかなきゃダメだろ」と思いつつ。店員は調べてくれて、『あるはずですので』と言って再び棚の前に向かった。あった。はっずかしぃ~! これしかないの中で見つけられなかったとは!
でもま、見つかってよかった。今度会うことになってるので、お礼に渡せるものが出来て。昨日、ハハの誕生日プレゼントとしてぶどうをいっぱい送ってきてくれたし。

今日、10/29はハハの誕生日だ。(昨日77歳と書いてしまったが、76の間違い。あたしからのプレゼントはご所望通りにスウォッチ。と、ブレスタイプの時計)
とゆーわけで、オトート1号がやって来て、夕方、甥のYGらと合流して夕飯を食べに行くことになってた。あたしは仕事あるので行けないのだけどね。YGは今日はテスト明けってことでママと原宿へ行ったらしい。ヤツの好きな「ごちうさ」のイベントがあるそーなので、まだアレがいーんか~、と妙な気分。硬派なアニメのあれこれで一緒に盛り上がってたころがちょっと懐かしいわ。

そのYG、高校では電気部とやらに入ってるのだけど(「電波」ではない。いちおマトモな部のよーだ) そこの大会に出たときの動画を見せてもらった。いわゆる「ロボコン(ロボットコンテスト)」ね。
ゼッケンつけた男子高校生がわんさかいて(チームで出場するのだ)、1畳くらいのスペースに自作のロボットを可動させ、調整を繰り返してる。「レゴにロムを搭載し、そのロムにPCからデータを取り込ませて可動させる」わけだけど、試合内容が知らされるのは大会数日前、なんだそーだ。そして今回の大会の試合内容は、「(1畳スペースに)描かれた蛇行線をたどって、その先にある赤い玉を取り、蛇行線を戻って、元いた場所の隣のスペースに赤い玉を置く」というもの。出場者は白いTシャツにゼッケン。スタッフは黒。ボードに加点、減点を書き込んでってる。
まずは透明の箱に入れて、規定サイズかどうかを確認、それから可動。見事、蛇行線をたどって赤い玉を取り上げたはいいけど、戻りの途中でまさかの停止…2度チャレンジできるのだけど、再トライも同様に戻りの途中で停止。残念無念。ハハと『あぁ~っ!』と叫んでしまった。

赤い玉を取って戻ってくるまではばっちりだったから、そう悪くもなかったと思うけどね。オトート1号も『今年は難易度が高かったらしい』と言ってた。「行って、玉を取って、来た道を戻って隣の部屋に玉を置く」だけだけどね、リモコンではないから、可動させたらあとはただ見守るだけ。どこのチームも微調整に余念がなかったけど(その時間も十分にとられてた)、技術的には相当難しいのだろーなーと思うわ。
『全国大会なんだけどさ、すっげー静かなんだよー』
と1号がゆっておった。だだっ広い体育館みたいなとこで、いくつもの白い1畳スペースの周りに白TにゼッケンのDKがいっぱいひしめいていて、それでも「静か」てのはそれだけみんな集中して緊迫してるってことだよね。カッコいいわ。本人不在だったので、どれだけの学校が参加したのかとか、トップはどこかとか、いろいろ聞きたかったな。でもそいつはいま、「ごちうさ」にムチューでイベントのために原宿まで…ま、イマドキってことね。

1号の新車でハハは新宿まで和食のご馳走、あたしはびょーいんでわんこにゃんこの世話。帰宅は10時半過ぎ。夕食のあとみんなでウチに来たみたいだけど、30分程度で帰ってったらしい。あちらもわんこたちが待ってるからね。
あたしは帰りにコンビニでプリンを買って帰った。豪勢な(?)食事のあとはデザートも食べてるだろーからいらないかなーとも思ったんだけどさ、やっぱちょっとケーキ代わりになるよーなモンが欲しいなと思って。
帰宅するころ、小雨が降り出して、いまは雨。明日、ちょっと出るつもりでいたのだけど、どーしたもんかな。







(´ー`)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-10-30 01:44 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156