仕事終わらず40分遅刻 と久々に天ぷらを揚げてみる

ヤラレた感たっぷりの早番仕事となってしまった…よもやまさかの展開とゆーか。通常(あたしの場合は)、11時に遅番の子が来ると、キリのいいとこでおしまい、となる。木曜午後は休診だしね。多少混み合ってても、12時半には閉院となるから、それ以上は増えないし。ま、大抵は遅くとも12時には上がれる。んが。これで終われるか、と思ったところで「お願い」されたり、仕事増えたりして、ひとつひとつはどーとゆーこともないのだけど焦った。焦りまくった。だって三茶の待ち合わせ1時だよ? なのに終わったのが1時ちょい過ぎ…予定がない日であればな~んの問題もなく、むしろ「残業歓迎」でがんばるところなんだけど、それが今日に限って…とほほ、だった。

病院を出てすぐ電話。当然彼女はすでに待ち合わせ場所に来てて、まずは平謝り。このまま電車に飛び乗ることも考えたのだけど、わんこにゃんこの保定にも入ったし、暴れわんこのお尻押さえてたらダップンしてくれるし、エプロンつけてはいるけど、ちょいロスとなっても着替えたい…てことでチャリすっ飛ばして帰宅し、シャツだけ着替え、またダッシュで駅まで戻って待ち合わせ場所へ。到着したのは1時40分だった…くたびれた…ハラヘリだったし。

まずは今日の目的の、ブランドバックや万年筆、カメラなどの査定へ向かう。1人では行きにくい、と言うので付き合ったのだ。確かに最初は入りづらいモンだし、そもそも店内の様子見えないとこだしね。入ってしまえばどうということもないのだけど。
万年筆は彼女の亡父の遺品で、好きだったらしくやたらあるのだそう。もんぶらん3本が7000円と、なかなかイイ値がついてた。モノもよさげだったし、キレイに使われてたようだし、専用のインク壺もほとんど未使用。ぐっちばっくも同様の値がつき、あたしも気になってたカメラ(ウチにも似たよーなのがあり、査定を頼もうと思ってるとこ)、いわゆるバカチョンは(何か死語っぽいな、これ)、100円だった…ふーむ。まぁ、でもそんなモンか~。

合計でまずまずの金額になり(元値を考えれば安いのだろーけど)、あたしはランチ、彼女はお茶、てことで近くのファミレスへ。今日は(も、て感じもするけど)、彼女の愚痴聞き。あたしも愚痴ったりしたけどね。ランチ(ドリア)のあとにスィーツまで食べ、今日はハハも出かけてるので夕飯に天ぷら買ってく約束をしてたので買いに寄って、帰宅は5時。何か…仕事のあとが目まぐるしすぎたせいでたびれた。

先日、区内産の八百屋で買った人参に立派な葉っぱがついてて、『天ぷらが美味しい』と言ってたのでこれだけ揚げることにしてみた。我が家ではとんと天ぷらをしなくなってしまってたのと、あたしはもー一生分天ぷら揚げたんじゃないかと思ってたから、「ウチで天ぷらをする」のはものすっごくひさしぶり。あたしが揚げるのは何年ぶりかしらん。思ってたんだよね、果たしてウチでキレイに揚げることは出来るのかなー、と。ま、揚げるっても人参の葉っぱだけだけどさ。

小麦粉がほっとんどなくて、ストックもなくて"ウソでしょ…"て感じだったのだけど、どーにか葉っぱ分くらいは作ることが出来た。
そば屋ではさんざん春菊も揚げたので、同じ要領で揚げてみた。春菊のようにキレイに咲かせることは出来なかったけど(そば屋では春菊の葉が扇形に拡がるように揚げてたのだ)、まぁまずまずの出来。野菜やら何やらいろいろ試してみたくなったけど、小麦粉がないんじゃあしょーがない。それに「オールスター盛り合わせ」などとゆー、エビホタテイカ、レンコンマイタケインゲン、それぞれ2人前の天ぷらってのを買っちゃったからね。(この中で揚げたことないのはレンコンだけだな)

そんなわけでなかなかゴージャスな夕飯になった。人参の葉っぱは…春菊のように香るわけではないので「葉っぱ食べてるなー」て程度。炒めたときはちょっと固くて噛み切れない感じがしたのだけど、天ぷらでそれはなかった。食べながら、エビやイカはあたしの方が上手いかも、とか思ってしまった。レンチンするとどーしてもね、揚げたてのようにはいかないからってのもあるけどさ。
今度、かき揚げも挑戦してみるかな~。
夕飯後はちゃんと制作もしたぞー。でもやっぱりまだ爪はちぎれる状態じゃない…こっちも焦ってくるわ。






(;・∀・)
[PR]
by yukimaru156 | 2016-11-18 00:28 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156