牡蠣とバラ肉のチヂミ と紙の話

朝の寒さったらなかったけど、その前になかなか寝付けなくて(加えて寒くて)参った。空気は冷たいけどい天気で、予想どーり病院はなかなかの入り…わかってたんだけどさ。ま、ミスもなく無事やり遂げられてよかったよ。
にしても「11月の初雪は54年ぶり、積雪は観測史上初」てすごいよねぇ。長期予報としてはどーなってるんだろ。このままずっと寒いのかなぁ。いまも寒いわぁ。書きながら(打ちながら)、指なし手袋はめたもん。

仕事が終わった12時ころ、スーパーに寄って買い物しながら「頼み忘れはないか」て電話をハハにした。『いまテレビ見てて』とハハ。
『QPクッキングで「牡蠣とバラ肉のチヂミ」てのをやってるからそれにしよう、バラ肉はあるから牡蠣と万能ネギを買ってきて』
『わかった』
『あ、ひどい! 放送時間終了だからタレのレシピはHP見てだって!』
はぁ~? まぁ、HP見るくらいどーとゆーことはないけど、レシピの内容すら言わない(クリップすら出さない)てちとひどくないか? 帰宅したらハハは『何か醤油ベースっぽかった』とかいうので、いーよ、あとで確認するから、と昼食のあとは制作。

夕方、HPをチェックして見た。動画(今日の放映分)も無料で公開してたので見てみる。チヂミのタレは醤油、酢、砂糖、にんにく、炒りごまその他。そのくらいボードに書けばいいのにね。
さてチヂミ。あたしは店(居酒屋とか)で食べたことはあるけど、自宅で作るのは初めて。もちろんハハも初めて。一緒に作りながら、これってお好み焼きと何が違うのだろう? てゆーかオカズになるのか? 関西人がお好み焼きと白ゴハン食べるのと同じかぁ~、と思ったりした。東京じゃあ、お好み焼きはそれだけで独立(?)してるから、ゴハンだ味噌汁だっての付けないんだけどね。(それを言うならラーメンライスもなんだけど、それはそれってことで)

なかなか大変だったんだけど(でかいチヂミをひっくり返したりがね)、楽しく作れて美味しく出来てハハもあたしも満足。ただ、食べ過ぎで苦しい…いまもまだ苦しい。やっぱ粉モノにごはんはないよな~。これだけで夕飯とすべきだったかもしれない。もしくは粉をもっと少な目にするとかね。
最近、料理の話が多いけどカンベンね。だってちぎり絵の話って早々にネタが尽きるんだもん。

とは言え、そっちの話もすると、カレンダーでちょっと戸惑ってしまった。500枚入りの再生紙束(これってそんなに入ってたのか!)が終わり(そんでそんなに使ったのか!)、PCか何か買ったときのオマケとしてもらった紙を開封したのね。こちらは250枚入り。開けたとき、ちょっとマズイかなと思ったのは、再生紙100%であるにもかかわらずなかなか上質で、やや厚めだったから。これでコピー絵本とか作ったら、それまでの絵本と違いが生じてしまうなー、と思って。
とりあえず今回はカレンダーなのだけど、コピーした日付け部分を12分割にちぎり始めて、その「ちぎりにくさ」に参った…ちぎれないわけじゃないのだけど、まだ右手親指の爪が完全復活ではないのもあって、キレイにいかないのだ。厚みの問題だと思う。これ、絵本やったら本そのものの厚みもだけど、ページをめくる手触りも変わってしまうよねぇ…う~ん。

この絵本に限ったことではなくて、これまでハガキに使ってたケナフにしても、いつのまにやら製造中止(?)で、新しい非木材紙で作り始めたのだけど、色味が変わって一緒に並べると違和感がある。だけならまだしも(古いのはだいぶ捌けたし、あとは自分で使えばいいし)、ペンが滑りにくい(文字が書きづらい)んだよね~。これはちょっと前、礼状として使うまで気づかなかったんだけど。絵手紙用のハガキなので、水彩の発色とかに力点が置かれてるのだろうと思うのだけど。
代わりとなるハガキが見当たらないのと、いまはこれを使うしかないので使ってるけど、どちらもちょっと見直したいと思ってるところ。お客さんが気にしなくても、あたしが気になるからさー。






(;・∀・)
 
[PR]
by yukimaru156 | 2016-11-26 01:51 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156