はぴば、雪丸!50だぜぃ! 赤い靴で本屋へ行く とお菓子がいっぱい

いくつになってもめでたいと言う人もいるし、このトシになってそんな…て人もいる。全然嬉しくないとか。とりあえずあたしは前者。

  はぴば、雪丸! よくぞ50年生きてきました! 支えてくれた家族、友人たちありがとう!

誕生日って、祝ってもらうだけじゃなくて、いろんなことに感謝する日でもあると思うのね。まずは生んでくれた両親に対してだし、その後出会い、付き合いが続いて「祝ってくれる」友人たちに対しても同様。みんなのおかげで、50歳になった(なれた)あたしがいるのよ。ココロからありがとう、です。

朝、ベランダに出たらくっきりキレイな富士山が見えた。(ウチは晴れてて空気が澄んでると富士山が見えるのだ) お布団干して、洗濯して、昼近くになってハハが出かけたのであたしも出かけた。ハハに買ってもらった赤い靴履いて、普段はチャリで出かける経堂まで歩いて。(あとで見たら、往復で7800歩だった。新品の靴なのに足は痛くならなかった。さすがうさぎ堂)
d0078532_028516.jpg 
目的は本屋。いつからか忘れたけど、「誕生日には本を買う」ことにしてて、ちょっとわくわく。晴れてていい天気だったのでね、空気冷たかったけど全然苦ではなかったよ。本は「日ごろ、自分からはあまり買わない本」と決めてるので(だから未読のままのもあったりするのだけど)、今回はこれ。たまたま目についたんよ。それも数あるレシピ本の、平積みではなく書棚の方から。でも手にしてみたら、このシリーズ、レシピ本で大賞を受賞してるようだった。すっごく美味しそう~! なのはまぁ当然としても、「これだけ」の意味がなかなかイイのだ。「◯◯を保存するときは✕✕しておくといい」とか「△△の下茹でには◇◇も入れると味が逃げない」とか、そういうちょっとしたテクニックが添えられた上で、さして凝ってないカンタン料理が紹介されてる。あ、これ出来そう、てのがいっぱい。
昔、父が買ってきたレシピ本とか、もらったのとかいくつかウチにあったりするのだけど、自分で買ったのは初めて。最近はちょくちょく料理するようになったけど、ネット検索ばかりだからね。さーて、まずは何を作ろうかな。

そして解説が必要だわね、後ろで笑ってるムック。
話それるけど、子供のころ大事にしてた毛布、手放したのがいつか覚えてます? て質問を以前人から言われたことがあって(よーするに「ライナスの毛布」だけど)、そのとき『まだ使ってるよ』とは言えなかったのだけど、実はまだ使ってたりする。とは言え、何せ50年近くも経ってるのでさすがにボロボロで(ハハに『恥ずかしいからベランダで干さないで』とか言われるくらい)、そんでもあたしのベッドの傍らに(あるいはハラの上に)あったのね。だけど修復不可能な穴まで開いて、でも捨てるのも忍びなくて、肌触りのいいクッションカバーに入れよう、と思ってた。けど、そういうのってなかなかないんだよねぇ。これの中身いらん! と思っても無理だし。
で、今日。ふと思ったんよ。以前もらったムックの腹巻、あれに詰めればいいんじゃん? て。腹巻、というのは記憶違いであったかパンツだったんだけど(さすがに履けなかった…)、畳んで詰めてみたらぴったり! これからはこれをベットサイド(もしくはハラの上)に置いて寝るよ。(ちなみにムックのチャームポイントのプロペラは後ろにプリントされてまーす)

『50になってどんな気分?』と言われたのだけど、う~ん…どうなのかなぁ。「昔は50歳ってもっとオトナだと思ってた」てのがまずひとつ。(40になったときもそう思ったけど) 中身がぜーんぜん変わってないという自覚はあるのでね。
50になってもまだ何も成してない(結婚してない、子供も産んでない)、てのはまた強くなったかな。50にもなって何してるんだ、自分? と情けなくなったり、将来も1人だったらどうなるのだろうと不安になったり、まだまだできることあるよな? と思ったり、では何をしよう? と思ったり。悲喜こもごもってこんな感じ? うまく言えないや。でも基本的には「これまでの延長線上」であるだけだよね。

夕方からはどーぶつ病院。先生は今週2度目の徹夜で(今朝、6時半にわんこが昇天されたのだ)、それでも見た目何も変わらない様子で飼い主さんと会話してる様子を見てると泣けてきた。7時閉院で8時にやって来て、世間話すんな! 何度も同じ話をループさせないでくれよ! と叫びたくなってしまった…世話してる野良のことで近隣とモメてるらしいのだけど、ウチとカンケイないじゃん! ひたすら相槌うって応えてるセンセを見てるのは自分の仕事よりつらいわ。
帰り際、センセが『お菓子持って行って』と、小袋にあれこれ詰まった菓子をくれたので(お歳暮のこの時期、菓子箱は山積みになってて大変なのだ。みんなで分けてもまた次が来る)、『わーい、誕生日プレゼントですね、いただきます!』と言ったらば、
『そーだ、今日、雪丸ちゃんの誕生日じゃない! おめでとう! もっと持って行って!』
とさらに菓子をもらってしまった。ありがたい。また当分、菓子に困らないわ。

帰宅したらお祝いメールもいくつか入ってて、せっせとお返事。そーいえば今年は「カード」はもらわなかったな。気づけば自分も書いてなかったりするから(作ってるくせに!)、来年はちゃんと書いて出すようにしよう、と決めた。その前にちゃんと「その日」を覚えておかないとね。








\(^o^)/
[PR]
by yukimaru156 | 2016-12-11 00:28 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156