お掃除のあとおせち作り と初「初詣」

晴れて正月を迎えてる方がほとんどでしょうが、雪丸的には「大晦日」で行きます。
まずはお布団干しとお掃除。大掃除、でないとこが何つーか…あたしの部屋だけ「いつもとさして変わらない」状態のまま、正月を迎えることになってしまいました。

お掃除のあとは、ちょっと昼食&買い忘れたみかんの買い物。それからお節の用意。とは言ってもハハと2人だけの正月なので、出来合いのモノを詰めるのがほとんどなんだけどね。黒豆、栗きんとん、昆布。
あたしが任されたのはエビで、蒸し海老をお重に詰めるってのも味気ない気がするのでエビチリを提案。にんにく、生姜、ネギをたっぷり刻んで、豆板醤を多めに入れて作った。お味は明日のお楽しみ。
それからマッシュポテト。ハハが食べたいとゆーので、エビチリ作りながらジャガイモ潰して。それが終わったら今度は煮卵。半熟になったかどーかビミョーなとこだけど、殻を剥いた感じではたぶん大丈夫。この煮卵の汁のレシピってのもあったのだけど、麺つゆでも出来るとゆーからハハと『何倍希釈だろうねぇ?』と言いつつ、天つゆくらいの希釈で作ってみた。こちらのお味も明日のお楽しみ。
ハハはお雑煮の下ごしらえと、こんにゃくのお煮しめ、きんぴらなんかを作ってた。お重に詰めるとこまでやって欲しかったみたいだけど、そゆ時間はなくオシゴトの時間、となって出かけた。

夕方になって来院は少なかったものの、お預かりのわんこにゃんこがいっぱいいて、ごはんやらシーツの取り替えやらお散歩やらで大変だった。でもホントに大変なのは、「お泊り」ではなく「入院」のぐったりわんこにゃんこ。明日も朝からセンセが来られるとはいえ、正月早々見送るのはイヤだしねぇ。がんばって欲しいわ。
センセが『みんなで食べて』とひと抱えもある大皿に寿司を持って来てくれて、ありがたいと思う一方、いま食べたら夕飯が入らない…とか、そのあと年越しそばもあるのに…とか思ってしまう。でも食べた。美味しかった。近所にある有名な寿司屋のだしね。

帰宅してまたごはん。余らせるのもイヤなのでかなり無理して食べた。おせちの、お重に入りきらなかった分とかまであって、さすがに苦しい…と言いつつ完食。よく「正月太り」なんて言われるけど、それ以前に太ってるわ、もう。10時に食べ終えて、11時に年越しそば食べて(よく食べれたもんだ!)、それから初の「深夜初詣」に出かけた。

びっくりした。まさか消防団が出張って「交通整理」してるとは…そんなに大きな神社ではない(と思う)のだけど、神社を半周するほどの人混みで、参詣に待たされること50分。参道の幅いっぱい(4人列)で、真ん中を空けなくていいのか? と思ったり、誰もお清め水(手洗い)してる人がいない(列から出られない)ってどうなんだ、と思ったり。
無事お参りしたあと、おみくじや破魔矢に並ぶつもりはなかったけど、お屠蘇の配布にはつい並んでしまい、ありがたく巫女さんからいただいて、それから名物らしい「大祓い」の大根をいただく。大鍋いっぱいに大根が煮てあって、それを1つ頂戴するのだ。あっつくてほくほくでほどよく味がしみてて美味しかったー。(写真撮ったけど暗くてわからんので載せられない…) なるほどこれが、元旦に行くと『大根は終了しました』の札の意味か。(大根汁だったかナントカ大根だったか、張り紙にある名称を忘れてしまったのだけど)

昔ほど寒くないよね、と言いつつ、やはり待ってると足元からじんじんと凍える。でもいい初「初詣」が出来た。
みなさんにとっても、いい一年でありますように。つか、いい一年にしましょうね。







( `ー´)ノ
[PR]
by yukimaru156 | 2017-01-01 02:44 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156