チェックのつもりが… とセンセの賀状 と見えない貢献

制作はいったん中止して、OPPのチェック…してるつもりがなぜかカード類の値札付けになり、そのまま数合わせ(?)に突入。そしたら豆本の数も見ることになって、納品書の下書き…何か自分が何をするつもりだったのかわかんなくなってしまった。こんなことだから「買い忘れ」が発生するんだよ! そもそも「制作しない」ってんだからしなきゃいーのにさ。机片付けるつもりでいつの間にか作ってたり…やれやれ。

ハハが美容院から帰宅したらあたしも散髪に出かけるつもりしてた。けど、気づくと2時過ぎで、それから一緒に昼食たべて、即出かけたのだけど「カットタイムサービス」は終わってた…ちぇっ。通常980円が690円になるのだけど、平日12時~14時、とある。えぇ~、そーだっけ~? 以前は3時までだったような…たかが290円、されど290円。まだ給料日前だし、明日は備品買い出しだからねぇ。も少しガマンして、納品終えてさっぱりしてからにするかな。ホントはその前にさっぱりしたかったんだけど。
で、そそくさと帰宅してまたチェック…ではなく作ったり数えたりしてしまったという次第。あとから、んなことしないでDM書いてた方がまだよかったんじゃないか! と思ったけどもー遅い。それは明日とさせてもらって(あぁ、告知もまだでした、すみませぬ!)、ちょっとしてるうちにもーオシゴトの時間。

先日、賀状の当選番号が書かれた紙(郵便局でもらったモノ)をセンセにあげたのね。もう不要だし、センセの机にはまだ賀状が山積みだったし。それと、ふと目に着いたセンセの賀状の一番上のが末尾51番で切手シートが当たってたんよ。センセは不在だったのでフセンに『一番上の賀状、当たってますよ!』と書いて賀状の上に貼っておいた。
今日行ったらば『番号ありがとう』と言われ、『1枚しか当たってなかったよ』、てえぇっ?! あんなに高く積まれていて?! とちょっとびっくり。あたしはたぶん80枚くらいもらってるのだけど、どー低く見積もってもその1.5倍はあったのにな。それを聞いた別のセンセも『先生、確率悪すぎです』。だよねぇ。100枚で2枚は当たってるはずなんだけどね。残念。そんなこともあるんだねぇ。

ちょっと早めに終われたので、夕飯のあとせっせとメモ作りした。自分用ではなくビョーイン用。メモ用に裏が白紙のチラシとかお知らせとか(制約会社からのとかね。あと商店街のとかその他いろいろ)をたまに(つかかなり頻繁に)あたしが裁断機でカットするのだ。だってさ、それらはいままで手の空いてるスタッフとかがやってたことらしいのだけど、手が空いてるったってそーヒマではないわけで、加えて裁断機なんてモノを病院が持ってるはずもなく、ハサミやカッターで切ってたのよ。それもかなりざく切りとゆーか、不揃いとゆーか、メモとしてさっと取り出すにはこれってどーなの的なイビツさで。とてもじゃないけど見てらんなかったので、あたしが持ち帰るよーになったとゆーわけ。

時間外っちゃー時間外だけどさ。にゃんこ飯買いに行くのも含めて。ま、そのあたりはいつもお菓子(飼い主さんからの頂き物)をもらったりしてるから、イーブンてキモチでいる。やたら使われるのと不要紙もやたらあるのとで毎度、すごい数(1度に裁断できるのは15枚程度だけど、それを5、6回はやる)のメモを作るんだけどね。
にしてもこの裁断機がこんなに役立つとは思ってもいなかったわぁ。昔、掃除のバイトしてたころ、会社が引っ越したあとの片付けの仕事で「不用品」の山の中に埋もれてたんだよ。木製で刃の重いヤツなので持ち帰るの重かったけど、当時は小説書いてて、コピーした原稿用紙を半分に切るのに便利だった。それがこの活躍ぶり。そーいや穴あけパンチ(1度に50枚開けられる)も原稿を綴じる用に買ったんだけど、いまはビョーインの備品として活躍してる。あたしって見えないとこで貢献してるよね~。







(^◇^)
[PR]
by yukimaru156 | 2017-01-24 02:18 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156