やっとお掃除 と本の寄付をちょっと悔やむ とチャリライト

今日こそおそーじ! とがんばってみたものの、つまるところは「あるべき場所へ」移動させただけで、その「あるべき場所」のごちゃごちゃ感と言ったら…いちお整理はされてるのだけどね。何せモノが多いので片付けたところで「山」が出来ただけ。この山を崩してキレイさっぱりできたらどんなにいいか! と毎度思うのだけど、そこまでする余裕はとか、ンなことしてたら時間がとか、イイワケばっか。いつになったらガラクタのない(もしかしたらこれ何かに使えるかも、てブツのない)、さわやかな部屋になるんだろーか…ちぎり屋してる間は無理な気がしてきた。だったらちぎり屋にカンケイないブツだけでも片していけばいいんじゃん? とも思うのだけどさ。

午後、ホコリっぽさが何とかなくなっただけ? みたいな部屋でぼーっとしてるのも何なので(ホントはしてちゃいけないんだけど)、豪徳寺までぷらぷらと歩いてった。B・オフ覗いて(人が多くて、あ、そーか今日は土曜か、と気づいた)、目ぼしいモノも欲しいモノもないなーと、じきに店を出た。相変わらず、萩尾望都の『バルバラ異界』の1巻はないし。あたし、いつになったらこの本を読めるんだろか。
本棚をつらつら見ながら、あたしの部屋から飯田響也(先日寄付してしまった『地雷震』の主人公)がいなくなってしまったのはやっぱりちょっと寂しいなぁ、好きな巻だけでも手元に残しておくんだったなぁ…と後悔した。何も巻数揃えて寄付しなきゃいけないわけじゃないんだもんね。(その方が多少は高くなるかなと思ったんだけど、あまり意味はないかもしれない) 最近では古本屋でもあまり見かけなくなってしまったから、余計惜しい気がしてきたのかも。むぅ。バカみたいだけど、好きな巻を見つけたら買うことにしよう。

てくてく帰宅してから、チャリに乗ってチャリ屋へ行くんだった! と悔やむ。何かね、先日チャリに乗ってライト点けたらば、妙な音(しかもでかい)がするんよ。アレはタイヤとの摩擦でライトが点く仕組みなわけだけど、その摩擦音がやたらとでかい。ブレーキもだけど、その比じゃない感じ。迂闊だった。シゴト行くとき、行きはともかく帰りは無灯てわけにいかないからさ。先日までこんな激しい音はしなかったはずなんだけど、何でだろう? チャリ見てちょっと油さしたりもしたのだけど、ぜーんぜんわかんなかった。かれこれ20年は乗ってるから、ガタがきても仕方ないのだけどねぇ。

シゴトまで少々時間があったので、ハハと珈琲飲みながらまったり。(このときハハは珈琲ではなくてお茶なんだけど) お向かいのおうちが引っ越しで、その挨拶に焼き菓子をもらったので美味しくいただいた。越してきたばかりなんだけどねぇ。すぐ近所の実家の父上が倒られたとかで、同居することになったのだそーだ。1年も経ってないはずだから(確か学校の春休み)、まだそんなに荷物もほどいてないんじゃないの、とハハ。まぁ、ウチだったら大いにありうる話ではあるけど。

さて、明日は搬出。つい昨日搬入に行ったばかりのよーな気がするわ。何かねぇ~、雨っぽいんだけど。でもそんなにたいした降りではなさそーだから、やっぱりチャリで行くかな。あぁ~、ライトを直すんだったら今日だったのにぃ!







"(-""-)"
[PR]
by yukimaru156 | 2017-02-05 01:37 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156