深大寺鬼太郎茶屋 とA2パネル発見!


深大寺へ行こう、鬼太郎茶屋に行きたい! て話になったのはいつだったか忘れてしまったが、去年かあるいは一昨年あたりだったかもしれない。ガクセイ時代のSTちゃんはバリバリ働いて忙しい人であるのと、その話になって以降も会ったりはしてたけど「深大寺」にはならなかったのだ。
先月だかにやっと機会作れたと思ったら彼女は風邪でダウン。で、今日になった次第。『先月働きすぎて「休め」てことになったので平日の今日、休んだ』そーだ。水曜にしたのはあたしのオフを気遣ってのことかな。

10時半につつじが丘で待ち合わせ、それからバス。深大寺は降り立つとすぐに案内所があり、参道に入ればすぐ目の前に「鬼太郎茶屋」。2人して『おおっ』とか言いながら、人もまばらな境内を散策した。いい天気だったし、人も少なかったし、思ったほど広い敷地でもなかったのでのんびり歩けた。初めて知ったのだが、彼女は子供のころから「ご朱印」を集めてて、いまあるご朱印帳は3冊めだとか。見せてもらったら真新しいご朱印帳はやっと2ページめでちょっとがっかりしたけど。
無事、ご朱印は3種類もあってどれにするかと問われ、悩んだ挙句3つとも買ってた。1つ300円。『そんなもん』なんだそーだ。『京都なんか行くと(ご朱印代が)大変』だとか。だろうねぇ。

深大寺はそばが有名だだけあって、あっちもこっちもそば屋。どこがイイのかさーっぱりわからない。STちゃんに『3年前にここに誘われてたらあたしゃ来なかったよ』と言ったら、『ははは、そーだよねぇ~』と笑ってた。ホント、そばは一生分くらい食べたと思ってるからね。いまは? とゆーので『もう平気』と応えたけど。
テキトな店に入って、飲んべの彼女に「深大寺ビール」を勧め、あたしは山菜そば、彼女はおろしなめこそば。悪くなかったけど、すげぇ美味い、てほどでもなかった。

d0078532_04935.jpg食べてからまたちょっと歩いて、土産買って、縁台でソフトクリーム食べながら日向ぼっこ。昼あたりから人が集まってきて、若い子から年寄りグループから観光客まで結構な人になった。いい時間に来れたのかもしれない。
ムックを連れて来ようと思ってたのに忘れてて、写真は帰宅してから。ちょっとわかりづらいかもだけど、ムックが持ってる、アイスについてた木べらは一反もめんなのだ。笑えるしかあいいので捨てずに持ち帰ってきた。
鬼太郎茶屋は古民家で上はギャラリーになってて、水木センセの原画やフィギィアを堪能させてもらい、店でちょっとお買い物。「目玉おやじのまんじゅう」、美味しかったー。黒豆きなこと豆腐の皮で、中はこし餡で。グッズはいろいろあったのだけど、ちょっとお土産にキャラメルを買った程度。でも考えてみたら、鳥取へ旅行したときの土産もこのキャラメルだったような…ちょっと失敗したかも。
深大寺ってちょっと遠いイメージではあったのだけど、電車バス乗り継いでも1時間かかるかどーか、て程度だった。またふらりと来るのもいいかもしれない。植物園とかも行ってみたいし。

3時前くらいには別れて、珈琲飲みたいな~、本も持ってることだしちょっと喫茶店よってくかな、とてくてく歩いてきたらあろーことかお休み…しょーがないのでウチまで帰ってきてしまった。
昨日、悩んでたA2額に入れる紙、何かいいのはないかと納戸をがさごそしてたら、何と! A2の貼れパネが出て来た! しかも未使用で! 13年に個展したときに買って、でも作りきれなかった1枚だ。助かった、これでどこかで買わずに済む。サイズもばっちりだし。このパネル、100均で買ったモノだけど、いまはもーないんだよね。あのとき迷いながらも数枚買っておいてよかったわぁ。

夜はここに入れる文字やら背景の薄葉紙やらを準備してておしまい。明日から取りかかれる…かな。でもパネルが出てきたことで気分も上昇。気分転換も出来たし、いい1日だった。








(#^^#)
[PR]
by yukimaru156 | 2017-02-16 00:04 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156