背景いまだ完成せず… と白滝えのき明太子炒め

昨日のあたしの部屋は日中、22℃もあった。窓締め切ってたからってのもあるけど、暑い! てくらいで靴下脱いでたのに、今日になったら12℃…何だろね、この気温差は。
そーそ、先日原田治サン(ミスドのイラストでお馴染み)が亡くなったと思ったら今朝は佐藤さとるサン(コロボックル)とD・ブルーナ氏(うさこちゃん)…訃報が相次ぐけど、みなさん80代なのだよね。ジンセイ80年なんだなぁー、と改めて思ったりもした。あと30年だわ。それぞれいい作品をいっぱい残してるけど、あたしは何を残せるのかなぁ。

買い物行ってから、昨日の続きの「ちぎちぎ」…背景としてなかなかステキになったのではないかと思うけど、実はまだ出来てない…A2(420✕594センチ)の中に2✕2センチのちぎりを埋める、てのはなかなか容易ではなかった。ひたすら貼ってるんだけどね。少しづつだぶらせてるから薄葉紙ちぎりの枚数も相当なもん。追加、追加で、そろそろこの薄葉紙が残り少なくなってきてしまった。う~む。足りるはずだけど、もう2度とこのサイズの額は作れないだろうねぇ。いい色だったんだけど。
この薄葉紙、国立のギャラリーさんが「陶器の作家さん作品が売れたときのため」に用意してたモノで、他では見ない色だからと何枚か頂戴したのだけど、どこで買ったのか訊いておけばよかった。もう何年も前だけど、いまだに見かけないもん、この色。

先日、夕飯の副菜を検索してたときに「白滝明太子炒め」てのがあって、このときは作らなかったけど、美味しそうだなと思ってメモしておいたのね。ハハに言ったらそれを作って、てことだったのだ、夕方からシゴトだったけどその前にちょっと作ってみた。
まずは明太子(一腹)をほぐして酒(大1)と混ぜておく。フライパンにごま油で、白滝とえのき(1株)を炒め、和風だしを少々と醤油(小1)、それから酒明太子を入れ、あとは水分がなくなるまで炒める。どーなんだろう? と思いつつ味見。美味しかった。あっさりしてるので、ばくばくいける感じ。明太子のぷちぷち感がまたいいんだな。教えてくれた人ありがとう! だ。

あたしがレシピ検索するときは、大抵「クックぱっど」の、オススメ品。レシピによってはいっぱいありすぎてわけわかんなくなるのだけど、「時短美味」な料理が満載で、とても重宝してる。レシピって「著作権」てないんだって。だからなのか、みんな気軽に(?)、我が家の定番とかどこぞで食べたのとかアレンジとか載せてるんだね。いま一番活用させてもらってるサイトかもしれないな。

シゴトの方は、慌ただしかったものの、閉院(19時)になったらだいぶラクになって、掃除も洗濯もさくさく終われた。最後の患者さんが『みなさんでどうぞ』とたい焼きをいくつか差し入れてくれて、早番の人たちはもう帰ったあとだったので、ありがたく1つ頂いた。もっとも、帰宅してから夕飯だから、たい焼きは食べられなかったのだけどね。
明日は急遽、出かけることになってしまった。背景もまだ終わってないのに…そんなに遅くはならないと思うけど、完成は難しそうだ。キモチ、ちょっと焦ってきたかもしれない…。







(ーー;)
[PR]
by yukimaru156 | 2017-02-19 01:28 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156