皮膚科で突っ込みたい と略歴追加 とダックスの「あるある」

午前中、皮膚科へ行ってきた。蕁麻疹は、良くなってる気はするのだけど、まだたまにあちこちに出没するし(ジンマシンてそーゆーものなんたそーだ)、痒みはないとは言え、やはり薬は服用続けるべきなんだろーな、と思って。
で、それとは別に左足首のとこに、どーも蕁麻疹とは違うよーなのが出てきて、しかも痒い。実はこれは蕁麻疹以前のモノなんだけど、あろーことか「かき壊し」てしまい、痕が残ってるのだ。先生に診てもらったら『これは貨幣湿疹』と言われた。貨幣の形(丸もしくは楕円)に痕が残るからだそーだ。乾燥による何たらかんたらで、薬は全身に塗れと言う。
『夜と朝の2回ね。必ず。これやってる人の100人中99人が治らないのは、朝塗らないからと、痒くなくなるとやめてしまうから。ボクもこれなんだけど、30年毎日、毎日だよ、全身に塗ってるから』

あのぅ~、突っ込んでもいいですかね? 毎年発症してしまうとか、この時期は特にひどいとか、そゆことはわかったんだけど、でもって「全身に塗る」のもまぁわかったんだけど、「30年毎日塗ってる」って、つまり「完治はしない」てことなんですかね? う~ん…30年毎日か…いくらになるんだ、薬代。大体1ヶ月で使い切ると言われた塗り薬をもらったけど、それと1週間分の飲み薬で1040円だったんだけど、ちょっと解せないとゆーか、納得いかないとゆーか。とりあえず4月まではきっちりやるつもりではいるけど、その後はちょっと考えるなぁ。

帰宅して、制作の続き…ではなく、パンフに載せるプロフィールと自画像と略歴メッセージその他を書く。(自画像はちぎり絵ね) これらを規定の用紙をダウンロード? して文字入れて…てことが出来ないので、郵送して作ってもらうのだ、代表サンに。毎度申し訳ないなぁ~と思うのだけど、出来ないもんはしょーがないじゃん。代わりの何かで相殺してもらうしかない。とは言っても、何ができるって限られてるからねぇ。打ち上げ幹事とか? が妥当なのかなぁ。
プロフィールとかは去年と一緒なんだけど、今年は「豆本協会会員」と追記してみた。自覚を促してる部分もある。自分に。

夕方からはオシゴト。入るとまず洗濯物とか確かめつつゲージにいるわんこにゃんこたちに挨拶とゆーか、ご機嫌伺いとゆーか、様子を見るのだけど、ダックス君の敷いてるバスタオルに何やら血痕がついてるようで、はっきりしない。血と言っても、生々しいモノではなく、掠れた感じのがね、いくつか。で、カンゴシさんに伝えて、彼女が抱っこしたダックスの足を点検。爪を切ったばかりだからもしかしたら血管も切ってしまったかも…てことだったので。(わんこにゃんこたちの爪ってのは人と違って伸びると血管も一緒に伸びてくるのだ。なのでマメに切ることが大事) 幸いそういうことではなく、『もしかしたら鼻かも』と言うので鼻を見た。端っこが赤く擦り剝けてた。

『あぁ~、やっぱりぃ~。ダックスの「あるある」なんですよ。鼻先で地面こするんです』
あたしも聞いたことあるや、そー言えば。ダックスフントはドイツ語で「穴掘る犬」だか何だかなんだよね。鼻で地面を掘るクセがある。ストレスとか寂しかったりすると掘る、なんて説もあった。以前、一生懸命ゴハン皿を鼻先で動かしてる子がいて、何だ、皿の場所が気に入らないのか? と移動してあげたら何ともフクザツな顔してたっけ。
『だって、痛かったらやめるでしょーに』
『ですよねぇ~、でもやっちゃうんです』
んーむ。オバカなのかはたまたゲージに入れられてることに対する抗議なのか。どっちもかもしれないねぇ。

にしても先日に引き続き、すごい風だわね。いつまで燃えるあすくる! て感じだ。損害額、いくらになるんだろ。








(゜-゜)
[PR]
by yukimaru156 | 2017-02-21 01:32 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156