自分で自分にストレス? とヘアマニキュア とホイルの包み焼き

1週間分のクスリをもらってるのでまだ1日分(と、飲み忘れ含めた半日分)が残ってるのだけど、散歩ついでに出かけた。3人ほど待合室にいて、診察するか薬だけにするか迷ったのだけど、診察をお願いした。
『先生、午後2時に服用する薬、効かなかったみたいです。この1週間で3回くらい発疹してしまいました』
『効かなかったかぁ~、ではこちらにしよう、これまでの朝昼夕食の3回と寝る前ね』
と渡された薬は、その前の週に服用してたモノと同じだった…あとで気づいたのだけど。(わかってたら突っ込んだのに)
『よっぽどストレスが溜まってるんだね』
『そうでしょうか…? 自覚はないんですが』
『この寒さもストレスになるんだよ』て話、聞くの4回目なんですけど。この冬初めてヒートテックを着用したとか、年のせいかと思ったらみんな「寒い」と言ってるからそのせいなんだろうとか、そゆ話。

ストレスって点ならそば屋にいたころの方がはるかに溜まってたと思うのだけど(辞めたのもそのあたりに理由がある)、ストレスって自覚ないモノもあるんだろか。少なくとも「寒い」とは思ってないのだけどねぇ。カラダはそう感じてるってことかな。
むしろ、自分に対するストレス、てことならありうるかもしれない。どーして自分はこーなんだ、とか。自己嫌悪ともまたちょっと違うのだけど。いまの自分が好きじゃない、自分の好きな自分て何だ、みたいな。

ついでに、ここでアレルギーの検査もしてもらえるのか、と尋ねたらば、すぐ近所の病院を薦められた。『総合病院へ行きたかったら紹介状書きますよ、それがないと5千円かかるからね、高いでしょ、ごせんえん』
確かに。もしかしたら(紹介状を書くのは)いい顔をされないんじゃないかと思ってたから、ちょっとほっとした。このまま発疹が治らないようだったら、行ってみるべきなのかもな。

帰宅して昼食たべたあと、今度は美容院に行った。白髪がもーすごい繁殖してて、鏡見る度にため息が出てたので。額の生え際とか、耳横あたりとかね。染めてるのではなくヘアマニキュアの方で、2600円(税込)。染めるより傷まない、て話だったからそーしたのだけど、マニキュアってうまく「のらない」人もいるのだそーだ。色を弾いてしまう髪質てのがあるらしい。へへー、だ。で、あたしは「よくのる」方。よかった。もっとも、伸ばしてると裾野が拡がってくクセなので、まとまらないから結ぶしかないのが難点だな。ストパかけるのもメンドだし(つか高いし)、そのうちばっさり行きたいなぁ。いつ行こうかなー。

マニキュアしてる間、ヒマなのでもらった本の中から1冊テキトーに抜いてきて読んでた。中山七里の『さよならドビュッシー』。どういう本なのか知らずに読み始めたので、15歳の主人公がいきなり全身大火傷になってびっくりした。何年か前の「このミス」の1位だったんだね。まだ半分てとこなので何とも言えないけど、いまんとこまだフツーだな。

夕飯に「豚肉の味噌チーズホイル包み焼き」てのを提案したら、ハハが『魚がいい、タラとか』とゆーので、帰りにスーパーに立ち寄ってナマ鱈を買う。昨日味噌田楽にしたときの味噌が余ってるから使ったのだけど、ホイルに穴が開いてて(最初のときの、シール剥がしに失敗した結果)、自分の皿に載せようとしたら途中で中身がばしゃっと落ちてしまった。ガス台の上だったからギリセーフではあったのだけどね。バカだなー、あたし。わかってたのに。
この料理、魚でももちろんOKだけど、やっぱり肉の方がよかった気がする。ホイルに野菜を並べて、その上に味噌を絡めた肉、次いでチーズをのせてフライパンで蒸し焼きにするのだけど、肉汁がしたの野菜に落ちてくのがミソだからね。

さて。明日はまた早番だ。1週間がめちゃ早いわ。







( ̄▽ ̄)
[PR]
by yukimaru156 | 2017-03-09 00:27 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156