春菊のチヂミは主菜か? と迷い犬保護に想う

たっぷり7時間、しっかり熟睡した。そんなに疲れることしたかぁ~? て感じだったのだけど。で、周辺をちょろちょろ片付けたり何だりしてるうちに昼になった。昨日はカレーだったので、今日の昼食はカレードリア。冷や飯を入れてぐちゃぐちゃとかき混ぜ、とろけるチーズをまぶしてレンチン。美味いんだなー、これが。ハハの作ったカレーが美味かった、てのもあるんだけどさ。つい食べ過ぎて、ハハと2人、『夕飯(を何にするか)なんて考えられなーい!』 とは言っても買い物の必要があるなら行かなきゃいけないのだから、満腹で苦しくても夕飯について考えなきゃならん。

『(食材は)何があるの?』
『春菊がいっぱい』←先日、見切り品で安かったので買ってきたら2束も入ってたのだ。
『じゃ、春菊使った何かだね』
『主菜になる、これ?』
『わかんない。検索してみる』
と言って検索してみた。合い挽きとかベーコンとか使った主菜となりうる料理はいくつもあったけど、いまある食材で出来るものは…で「春菊のチヂミ」に決定。必要なのは卵と人参と白ネギ。薄力粉100gと水。レシピを書いてハハに渡してあたしはどーぶつ病院へ向かった。

着いたら、「迷い犬」のシバをみんなが面倒みてた。ブラッシングしたり爪切ったり。商店街をふらふらしてるのを保護されたらしい。で、センセが保健所に問い合わせてて、観察札から持ち主がわかったらしいのだが、保健所いわく
『個人情報ですので飼い主の名前は教えられません』
てことは何かい、あたしらはどこのわんことも知れない、病気持ちかもしれない、ワクチン接種してないかもしれないわんこを名無しの飼い主から預かってないといけないのかい? 名前わからない人からの連絡をただ待てと?
結局、じきに飼い主から電話が入ったのだけど、『主人がいないので明日まで引き取れない』とのたまう。それもどーなんだと思ってたら、泊めるわけにはいかないから自宅まで届ける、てことでセンセからご指名を受けた。幸い近所だったので、トリマーさんと2人で地図を見ながらシバ連れて歩いてった。目印も何もないフツーの民家だったのだけど、10分もしないうちに探し出せたのでほっとした。

旦那がいないから引き取れない、の意味がわかった。義理のお母さんが飼ってたわんこで、その方が亡くなったので引き取ったはいいものの、懐かないし噛み付くので奥さんは「触れない」と言うのだ。
いまどき珍しい「外犬(屋外で放し飼い)」なのも、そういうわけか、とわかった。トリマーさんは『だから全然かまってもらっていないのね』とため息。わんこもにゃんこも、ちゃんと世話してもらっているかどうかは見ればわかる。毛の状態とか爪や口でね。おとなしそうなシバだったけど、警戒心も強いから怖い人には怖いんだろうな。にしてもまだ薄ら寒いのに「外犬」とはね…不憫だわ。おばあちゃんがいなくなって知らない土地に連れて来られて寂しいだろうに。

「飼い主となった以上は責任持て」は当然だけど、彼(彼女? どちらか訊かなかった)のように、突然居場所のなくなった子、てのもいっぱいいるのだろうな。と同時に「持て余してしまってる人」も。
いま病院で飼ってるにゃんこも、すぐ近所の店の子だったのだけど、引っ越し先で飼えないからか何なのか「置いてけぼり」にされて野良になって病気になって、捨て置けないのでウチで面倒を見てる。境遇が似たり寄ったりのにゃんこがセンセの自宅には5、6匹いる。「殺処分ゼロを目指す」のは素晴らしいことだけど、みんながみんな「好きで飼ってる」「どこへでも連れて行ける」わけではないんだよね。
何かいろいろフクザツな気分だった。

センセは救急の往診のあと、戻ってからまたすぐに夜間(病院)に出かけられてしまったので、ホワイトデーのお返しを渡しそびれてしまった。ので、夜、帰り際にセンセの自宅の玄関にぶら下げてきた。
そーそ、去年は甥から「お返し」をもらわずじまいだったのだけど、今年は焼き菓子が送られてきた。ホントにお前が買ったのか? て感じだけどね。でも夕飯の春菊チヂミがやけにボリュームあって、とてもじゃないけど食べられなかった。チヂミのときってもしかしてゴハンはいらないのかね。お好み焼きにゴハンを付けるかどーか、て話か。







(;´∀`)
[PR]
by yukimaru156 | 2017-03-15 01:27 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156