発疹回数は減ったけど とHEARTokyo搬出 と打ち上げ

今日はHEARTokyoKの搬出日。の前に皮膚科に行ってきた。本読んでたので全然気づかなかったけど、気づいたら1時間も待たされてた…何だかなぁ。昨日行ってても一緒だったかもしらん。ちっさな街中の皮膚科医院だけど、いつ来ても結構混んでる。そんなに皮膚科を必要としてる人が多いのかーと思うね。
発疹は以前ほど出なくなったので、薬は一番軽いモノ、となった。それでも潜在的に残る(また出る)のだろーなと思うとげんなりするけど。
先生の机にはわんこの写真があって(でも相当古い)、先生の愛犬ですかと尋ねたらば、そうだと言う。
『親父が死んだときも泣かなかったのに、こいつが死んだときは大泣きして、泣きながら親父に悪いなと思ったよ』
トシいくと涙腺も弱くなるんですよ、たー言わなかった。でもかあいいとこあるね、先生。

搬出は3時からで、それぞれが作品を梱包するのはさして時間がかからない。厄介なのはそのあと、ピクチャーレールの始末と(番号が振られてるので60本のそれを確認しながら梱包とか)、可動壁の収納。柱の陰に収納スペースがあるのだけど、これも番号順なのでね。いちいちメンドくさい。それでも人数がいるから作業はさくさく進み、5時過ぎには解散となった。もちろん打ち上げ参加できる人は移動。でかい荷物抱えてね。みんなで『ラッシュアワーの搬入はやめて欲しいよなー』と言いながら。ホント、あれはたまんなかった。フレーム割れたらどーすりゃいいんだ? 作品に対して相応の対処はできる人たちだけど、フレーム破損はどーにも対処できないもんなー。セカイドまで走る、てことは可能か。泣くに泣けない出費になる。ま、みんな無事だったので良かったけど。

打ち上げはロイホ。お子さま連れもいるし、顔だけ出して失礼、な人もいれば、時間が時間だけに「おやつ」な人、打ち上げだからと「飲む」人、そんであたしは「食べる」人。5時過ぎってビミョーに半端な時間なんだけどね、がっつり食べたよ。
10数人で入って、あとから(諸々の作業を終えた)代表が来るまで待ってたのはあたしを含めて5人。それから今回の反省会…じゃあないけど、自然、そういう話題になった。(それまではてんでバラバラな会話が飛び交ってた)

反省会っつーか、搬入のときのハプニング(ピクチャーレールが圧倒的に足りないとか)のみんなの迅速な対処が代表を泣かせた話から始まって(ホントに感動したらしい)、制約が多い中で「いかに続けていくべきか」みたいな話。あるいは、広報のやり方とか、何とかかんとか。
ここは珈琲お代わり自由なのをいいことに、また話が途切れない故に(つまりそれなりに喉が渇くので)、あろーことか5杯も飲んでしまった…今夜寝れねーんじゃないか、あたし? 10時近くに帰宅して、また紅茶とか飲んじゃったし。おかげで胃はぱんぱんだ…。

正直な話、この会(HEARTokyo)の参加を続けることにためらいはあるのだけど、ここが存続することに意味はあると思ってるので、みんなにはがんばって欲しい、て気持ちが大きい。だから可能な限り力になってあげたいとは思うのだけどね、それが「参加すること」だとしたら、ちょっと考えてしまうなぁ。
帰宅して、部屋があまりにも雑然としてるので、何て自分はだらしないんだろーと思ってしまった。明日はちゃんと片付けよう。







(゜-゜)
[PR]
by yukimaru156 | 2017-03-25 01:37 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156