雨ン中、チャリで2度でかける

起きたら雨で、ふぅぃ~…な気分。だって今日は「古着回収の日」なのだ。しかも今日だとわかったのが昨夜、帰宅するときに見た区の掲示板。とりあえず用意はしてたものの、回覧板には何も書いてないねぇとハハと言ってたのだけど(いつもはここでも告知されるのだ)、それがなくていきなりの今日。ちょっとバタつきながらまとめて、もしかして雨? と思ってたのがゲンジツになったわけだ。やれやれ。
ま、そーは言っても午前中は小雨よりやや強いかな、て程度だったので出かけた。もちろんチャリで。傘なしで。今回は1度で済みそうだったのでよかった。

帰宅してから朝食とって、そのうち雨が激しくなってきたのでまた参ってしまった。もひとつ、今度は経堂へ出向く予定だったのだ。
待っててもやみそーにないし、それどころか激しくなってくるし、ハハが「辞めたら」というのだけど、そゆわけにもいかない。明日は母の日であるが、その翌日はオトート1号のたんじょび。そんで、彼は明日こちらにやって来てハハを伴って競馬場へ行く、てことになってるのだ。(あたしは留守番予定) つーことは、母の日のプレゼントはともかく(たぶん、明日の夕食を作ることでごまかす。鉢植えも見たいとかゆってたので後日同行するし)、1号の誕プレがね…昨日、本屋でいろいろ見たのだけどどれもいまひとつでねぇ。

びょーいんで使ってるにゃんこ飯もないてことで(別にあたしが買う役を仰せつかってるわけではないのだけど)、昼食に塩焼きそばを作ったあと、雨ン中を再び出かけた。今度は傘アリのイホーチャリで。
敷地内の広い駐輪場に入ったら、誰もチャリを置いてる人がいなかった…みなさん真面目でいらっしゃる…つか、こんな雨ン中、チャリで来る人いないよね…。
誕プレもついでに見れたらと思ってたけどイイのがなく、でもここからさらにどこかへ、て気分になれる天気ではなく、和柄畳スリッパと靴下というごまかし方でヨシとして、にゃんこ飯買って、それから最寄り駅まで来てスーパーで買い物。こちらの駐輪場にもチャリはなく、はいはい、傘さしチャリはイホーですね、ごめんさない、て気分で駐輪。今朝、空豆を届けてくれた千葉の知人へ(父の友人)への贈り物も買って、何だか「雨の日の買い物」とは到底思えないよーなえらい荷物になってしまった。

この千葉の知人ご夫妻からはたまに畑の収穫物なんかをいただいたりするのだけど、お礼はお菓子(それも、スーパーにあるような駄菓子系)がイイということなので、何かいただくと、どら焼きとか煎餅とか豆菓子とか、そういった雑菓子をしこたま買う。近隣にスーパーとかがなく、季節の野菜は豊富でも菓子類には飢えてらっしゃるようなのだ。ちょっとチャリで、て距離にそういった店がないというのは不便だよねぇ。

夕方、こんな雨ではさぞかしヒマしてるだろーと思いつつどーぶつ病院に入ったら、ここは野戦病院か! と思うよな騒がしさでびっくりした。待合室に3人いたのもちょっと意外だったけど(雨だかんね)、激しく抵抗し威嚇する暴れにゃんこの金切り声に、待合室の子たちと入院中の子たちがそれぞれ反応しちゃって「大合唱」となってたのだ。も、こーなったら誰がどう静めようとダメね。診察終えて落ち着いてくれないとどーにもならない。その子が出て行ってもしばらくは変わらず騒いでたので、彼らに余計なコト炊きつけてくれてぇ~、と思ってしまった。
とは言え、それ以降はスムーズに仕事もはかどり、土曜日でも早い時間にあがることが出来た。普段、忙しいときにはできない作業もしたのにね。やっぱ雨の日ってラクだわ。そば屋のときは雨だと殺人的な忙しさだったけど。繁華街の地下だったから、みんな降りてきちゃうんだよね。

にしても、やっぱり「早くあがれてしまう」のは問題だなぁ。困ったな。







(;´∀`)

[PR]
by yukimaru156 | 2017-05-14 01:35 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156