新巻はまだだった… とンこドリル とパン粉に粉チーズとゆかり

確か2日に『血界戦線』の新巻が出たはずだ! と思って出かけた。店員のあんちゃんが一生懸命、ケンサクかけてくれてたのだけど(カウンターにあるPCでだけでなく、自分のスマホまで取り出して!)、どうやらまだ発売されてないことが判明…がっくし。(その後、ウチで「何を見間違えたのかなぁ~」と思って見たら、「7/2」だった…あんちゃんゴメンね)

本屋に入ったついでにあれこれ書棚を眺めて、最近何かと話題の「うんこドリル」を見た。なるほどすさまじいばかりに「うんこだらけ」のドリルであった。何それ、とゆー御仁にちょっと説明すると、小学1年生~6年生までの漢字ドリルで、例題がことごとく「うんこ」であるというだけの話。例えば1年生の場合は「ここにうんこが〇つあります」の中に漢数字を入れて、みたいなものだけど、これが6年生になると「うんこは宇宙の( )です」みたいな(カッコに「神秘」を入れる)とか、内容もばかばかしくも哲学的になってくのだ。例題すべてが「うんこ」で、小学生時代に覚えるべき漢字が全部入っている。最初は2年生とかまでだったらしいけど、あまりの評判の高さに6年生まで作られたそーだ。うんこにまつわる例題の総数、何と3800! よくまぁ作ったもんだと感心するよ、ホント。そんで結構売れてるみたいだから「掴みはOK」だったんだろうな。ベンキョ嫌いのガキんちょたちがおもしろがって例題読んでるサマが目に浮かぶわ。

本屋が不発だったのでがっくししながら100均に入る。30cm四方の人工芝を手に、しばし逡巡…本当にこれで「豆本の表紙」なんてモノが作れるんだろーか…? (だいたい「サボテンくん」に「芝」てどーなの?) えーい、思いつきが失敗したとしても108円じゃんか! と思って買ったんだけど、やっぱり作るには無理があるかなぁ。てゆーか、まだ中身も出来てないのに大丈夫なんだろか…それよかいま作ってる「はぁと豆本」だよな! あたしって、どーしてこーあっちゃこっちゃハンパに手を付けてしまうんだろう。(しかも、今日はその製本だけで終わってしまった…こんなハズではなかったのに)

夕飯は、先日から作ろうとしてて作れなかった、「パン粉に粉チーズとゆかり」を入れたフライ。レシピでは鶏のささみとなってたけど、豚があったので解凍してそちらで作ってみた。前から食べてみたいなと思っててさ、で、スーパーで98円だったゆかりを買ってきたんだけど、ハハが『ウチの紫蘇で作ればいいじゃないの!』とむっとしてた。でもさー、梅干しと一緒に入ってる、くしゅくしゅの紫蘇をキレイに伸ばして干して細かく刻んで、なんてことやってらんないっしょ、と納得してもらう。そりゃー、自分ンちの梅でやりたいのはもちろんなんだけど。
パン粉に粉チーズとゆかり、てのはなかなか良くて、具材は何にでも応用できそーだ。肉だけでなく魚(鯵とか)ね。黒コショウとマヨをつけてもみもみしたあと、15分ほど置いておく、てのもミソかもしれない。これで卵不要でパン粉がつくのだ。

パン粉が少々余ったので『どーしよーか』と言ったら間髪入れずに『捨てて』。う~ん…ちょっともったいないじゃん。もったいない、とゆーほど余ってはいないんだけどさ。明日の朝は、ズッキーニをハムで巻いて付けて焼いてみるかな。ふむ。脳内イメージだけだけど、何か美味しそうではないか。






(^^♪

[PR]
by yukimaru156 | 2017-06-05 01:45 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156