青梅31キロ! の1日

昨日、あたしの留守中に姪のHRが(ほぼ1人で)収穫した我が家の梅は31キロ! である。(しかも採るだけ採って持って帰らなかった…) つまり、この31キロをどーにかしないといけない。それも早急に。
てことで、朝からハハとまずは選別。梅干しは2キロ作るとゆーので、傷がなくてキレイなのをハハが選り分け、あたしはジャム&シロップ用の梅を選んでった。こっちは傷があったも問題ないし、むしろそういうのからジャムなんかにしてかないと、傷み始めてしまうからね。

選別したあとは(とても31キロ全部は出来なかったけど)、ジャム作り。まずは2キロ。なり口取って洗ってぐつぐつ煮て、皮が剥けてきたら冷まして水を切って、手で握りつぶして種を出す。それから砂糖を馴染ませて、また煮る。アクを取りながらぐつぐつさせて約15分。それでやっと2キロ完成。
砂糖は足りないし、シロップ用の氷砂糖や梅干し用の焼酎も足りないのでスーパーへ。ついでに特売のお酢だの牛乳だのと買ったら結構な重さになり、帆布のエコバックの紐が切れそうだった。砂糖と氷砂糖だけで5キロだもんなー。(しかも砂糖はまだ足りないよな、買うならポイント5倍の今日だよな、てことで夕飯のあとまた買いに出かけた…)

ジャム作りながら、ハハは電話、あたしはメールでそれぞれの友人に『青梅いらないか』の打診。例年、もらってくれてたハハの友人は「今年は不要」という返事で困ってた。ジャムでも梅干しでも欲しい人はいっぱいいるけど、青梅を引き取ってくれる、て人は結構希少だったりするのだ。(毎年確約できるわけでもないのが難しいところ)
ゆりかねーさんはどーかな~? と思いつつメールしたら、速攻に近い感じで『欲しいです!』と返信が来て助かった。姪や甥のとこにもシロップ用に送ることにして、再びの選別。
今年はいっぱい採れたものの、ナリは小さい上、かつてないくらいイビツな梅が多い。ぶどうみたいなもんでさ、固まってなるから、間に挟まれた梅の形が歪んでるんよ。いつもならそういうのは木の方が勝手に間引いて「自然落下」させてるんだけどね。今年はなぜかそうはならず…その代わりってのもヘンだけど、今年はこの「自然落下」がほとんどなかった。送るのはなるべくイイのを選んだつもりだけど、やっぱ例年に比べると小さいよなー、てのは否定できず。残念。ま、それでも市販されてるのとどっこいな大きさ、ではあるのだけどね。

老木だから(何せ築50年の我が家より古い)、いつ実をつけなくなってもおかしくないと思うのだけど、がんばって実をつけてくれるからには無駄なくきっちり応えてあげたいと思う。いっぱい収穫できたはいいけど、気づいたら袋の底の方が傷んでた、なんて苦い経験を何度かしてるからね。作るのも送るのもそれなりに費用はかかってしまったりもするのだけど。
夕飯のあとにまた2キロ、ジャムを作り、それからシロップ。なり口取って、洗って、1個づつ切り込み入れて、同量(よりやや少なめ)の氷砂糖とを炊飯器に入れて保温。これもまだあと3回はやらなきゃかな。

なんてことしてるうちにあっちゅー間に1日が終わり、オフだとゆーのに豆本には一度も触ることが出来なかった…やれやれ、明日はちょっとは触れるかなぁ~? 無理かなぁ。送りに行かないといけないしね。あ、ついでにチャリカゴも新調しに行こう。
そーそ、夕飯作ってるとき(今夜はインド混ぜご飯。炊き立てのごはんに混ぜるだけ、てヤツ。なかなかスパイシーな仕上がりで美味しかった)、コーンスープを作りながら「気をつけなきゃ」と思ってたクセにやってしまった。ジャムかきまーしてる木べらで、スープをひと混ぜしてしまったのだ。ジャムがたっぷりついてたわけではないから、問題なかったけどね。何で注意しようとココロしててやっちまうかね。







(^^ゞ

[PR]
by yukimaru156 | 2017-06-12 01:51 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156