銀魂  2017年 日本

小栗旬の「マンガ実写化映画」を観るのは、これで何本目だろーか…いっちゃん最初はドラマの「コナン」だったと思うけど、これは悪くなかった(よーに思う)。『岳』とか『ハーロック』とか観てここに感想書いた記憶あるけど、あとは何か観たかな…思い出せん。彼がやたらとこの「マンガ原作実写化」に主演するのをやめてくれ、と言う人も多いけど、それを言うなら「そもそも実写化をやめろ」だよなー、と『亜人』や『ジョジョの奇妙な冒険』なんかの予告を観ながら思ったりした。

あたしは長年の「銀魂」ファンであるけど(CDとストラップ以外のグッズは持ってないし興味もない上、漫画は未読だけど)、そゆこと置いといて「どのあたりで楽しませてくれるのか」あたりに興味を持って観た。(タダ券があったからで、なかったら観てないと思う)
原作にあるのかどーか知らないけど、話はアニメでファン投票1位だった「カブトムシ編」(あたしはこれはちとおかしいと思う。内容ではなく、話数がまださほどいってないときのアンケート結果だからだ)に、「紅桜編」を強引に織り込んだモノ。強引といえば、そもそも「紅桜編」に真選組はあまり絡まないので、真選組フアンのためにねじ込んできた感アリアリ。

それなりに達者な役者揃えてるので、そゆとこは安心して観られる。佐藤二郎とかムロツヨシとか、彼らの絶妙なハマりっぷりはそれだけで嬉しいし、銀さんとの掛け合いも楽しい。誰がダメだ、て話じゃあないのだよね。んじゃ何が、とゆーと「なぜ紅桜編か」て気がした、あたしは。そもそもこれはすでにアニメの劇場版でやってるのだ。アニメでやった長編の1つを劇場版にして(違いはあまりわからん)、それと同じ話を実写でやる、てのが意味不明。何で知ってる話をまた観なきゃいけないんだ?! 『ハーロック』ばりに変えろたー言わないけど、300話は超えてる話ン中でこれを選ぶ理由がわからん。

そのチープな作り具合がイイ感じにハマってた『勇者ヨシヒコ』の監督だから、チープさやいい加減さ、そしてアニメ(しか知らないので原作との比較はできん、すまん)がおちょくる数々のマンガパロの部分はクスクス笑える。それがラストまで続かないことで目くじらを立ててる人もいるみたいだけど、それも『銀魂』の持ち味のひとつだからねぇ。ゆるく笑わせる部分と、「攘夷志士」だったかつての彼らの過去を絡めた、ちょいと神妙な気分になる部分がある、というのは。

チープとは言えない作りに仕上がってたそれぞれの見せ場としてのアクションは、CGも使って役者もがんばって悪くなかった。けど! アクション好きのあたしとしては気に入らない部分も多数。この「多数」てのは、あまりにもアニメ「銀魂」のアクションに沿ったモノだったからだ。剣でやり合いながらシャツを掴んでぐるん、とか、足踏むとか、刀の上に立つとか、そこはオリジナルアクションで魅せてくれよ! と思ってしまった。カメラアングルとかもね、そーじゃなくてさ、とかいろいろあったりして。あたし的にはそこんとこが一番のNGだった。実写でアニメの「紅桜」なぞって何がしたかったんだろう? どーせなら「吉原炎上編」とか「歌舞伎町四天王編」とかして欲しいわ。お登勢は夏木マリあたりでさ。

帰りに「まんだらけ」に寄って、グッズあれこれを売ってきた。半分はお金になんなかったんだけど、意外なモノが売れたりもして、ほほぅ、だった。にしても…外人さんの多いことよ。知ってたんだけどね、とんとご無沙汰してたので実際に見たことはなかったんよ。英語でない言語もだいぶ飛び交ってたし、"そんなに目ぇキラキラさせて棚を見ないでくれ、恥ずかしいではないか…"とか思ったりして。まぁ、「クールジャパン」が評価されることは純粋に嬉しいんだけどさ。






( ̄▽ ̄)

[PR]
by yukimaru156 | 2017-07-27 00:35 | 行った観た読んだ | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156