「早番で遅番」初日 とにゃんこ飯 と粗大ごみで桐箪笥 とレボブック

さて。「早番(8時半~11時過ぎくらいまで)で遅番(17時~終わるまで)」という、なかなかハード(かもしれない)1日の始まり。(実は明日も「早番で遅番」なのだ…)
とはいえ、昨日の怒涛のよーな猛暑(東京都心は最高気温37℃、あたしの部屋は34℃であった…納品書が汗で歪んだときはどーしよーかと思った…)に比べれば、何てこたーない暑さでラクだった。30℃切るとこんなにラクか! と思えるほどに。
どーぶつ病院は、「お泊り組」と「入院組」がひしめきあう過密状態で、昨日は2件のオペをこなしたらしいセンセは『2時間しか寝てない…』…うぅ、だからってどうしてあげることもできないのだよねぇ。

それなりに混みはしたけど無事早番の仕事は終わり、帰宅して豆本を発送すべく、ダン箱詰め直し。病院に悪くないサイズの箱があったのでよかった。オーナーにお手紙書いて同封し、郵便局、ついでににゃんこ飯と我が家の朝食パンを買いに出かけた。
ご存知の方も多いと思うけど、ゆーぱっくは「同一宛先割引」とゆーのがある。去年と同じ時期に送るのだけど、去年の方が1週間ばかり早かったみたいで、割引の有効期限が切れてた…やれやれ。
にゃんこ飯は安いときは75円、そーでないときも88円とか89円とかなのに、たまに運が悪いと1つ100円だったりする。そして今日は「悪い方」だった。ちきしゃーう! 自腹切ってるわけではないので悔しがる理由はないのだけどさ、なーんかすごく損した気分になるんだよねぇ。

帰宅したらさすがにちょっと疲れて昼寝…のつもりが熟睡したよーで、気づいたら80分も経ってた! 我ながらびっくりだ。豆本を無事発送したのでほっとした、てのもあるかもな。それに三茶アート楽市の当選通知をもらった、てのもある。(去年もだけど、抽選するほどの人数が集まらないっぽいね…何でかな。一時期は数倍の倍率だったのに)

珈琲飲む間もなく出かけて遅番のオシゴト。「怒涛のお泊りラッシュ」はとどまるところを知らないらしく、ゲージを新たに組み立てること3つ。それを置く場所もないので、階上のセンセの部屋まで持ってった。(あ、持ってってから組み立てたんだけどね、もちろん) 酸素室は4部屋あるのだけど、朝行ったときすでに満室だったので、もう1匹、入室が必要な子が来たらどうするのだろう? とか思ってしまった。そーはならないことを祈るばかりだ。(わんこにゃんこは酸素マスクを大人しくつけていてくれるわけではないので、密閉された部屋に入って酸素や室温、湿度をこちらで操作するのだ。もし仮に何らかの理由で電源が切れたり供給が不可能になった場合、天窓が開く仕掛けになっている。すごいよね)

木曜というのはいちお「午後休診」となってるのだけど、わんこにゃんこの世話は必要だし、掃除もしなきゃだから人はいる。(それを知ってて救急で来てしまう人もいる) 休診の割にはどたばたしたけど、無事終わって帰宅したのは8時過ぎ。やっぱ通常に比べて早いわ。

で、あたしとしてはまだ「今日は終わり」ではなく、もーひと仕事。明日の朝、粗大ごみ収集車が来るので、玄関に桐の箪笥やこたつ板を出さないといけないのだ。夕飯後、ちょっと休憩入れて出すつもりでいたら雨が降り出し、うひゃあ~、と言いつつハハと箪笥を玄関先に出した。1竿だけど3つに分かれるので、1つ1つはさほど重たくはない。なのであたしがせっせと運んだ。問題は「玄関先に置けるのかどうか」だったのだけど、何とかなった。よかった。これでやっとホントにひと息つけたわ。

昨日、ハハの世界名作文学全集(63冊)といくつかの古本を出したのだけど(ダン箱2つになった)、その査定金額がもう来た。全集には残念ながら値段はつかなくて寄付(にした)、その他の古本も220円にしかならなかったのでこちらも寄付。国境なき医師団とかね、いくつか団体から選べるのだけど(いつも出してる「レスキュー犬育成」はまた違う買い取り屋なのだ)、ハハに訊いたら「学校を作る、がいい」ということだったのでそちらへ。ネットで確認して「寄付」にしたら、速攻で礼状メールが来た。いつものことながらちょっ早のいい仕事してるわ、レボブックストア。寄付と呼ぶには恥ずかしい金額で申し訳ないけど。







(´ー`)

[PR]
by yukimaru156 | 2017-08-11 00:17 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156