千葉べったく始末記 その1

d0078532_023271.jpg

朝からフル稼働と言っても過言ではない過ごし方をした。この家にある、生活品、装飾品、その他すべてのモノを始末しようとしてるわけだから、2日程度の滞在で無理なことはわかっているのだけどさ。でも、可能な限り、ここの生活臭を消してから去りたい。そこんとこがまっっったく理解出来ないオトート1号とは平行線のまま。(彼は不要なモノは全部ここに残して、業者任せにすればいいと思っているのだ)
そんなみったくさいことできるかってーの!!

ヤツはゴロゴロしてるだけで、こっちもドタマきてるので口もきかず、ひたすら動いた。
まずは3階の屋根裏部屋から荷物を降ろす…だけで汗だくになった。なんで芝刈機が2台もあるんだ!? 1階に1台あるのに! 古いPCのキーボード、ワープロ、組み立て式の棚、そしてあたし以外の誰かが持ち込んだ、おびただしい数のボードゲーム…見てるだけでうんざりするけど、こんなのはほんの序章。

写真はあたしの、紛れもなくせいしゅんの1ページ、アニオタの日々を物語る蔵書。これとは別に、News week 日本語版が3年分ほどある。それと、SFマガジンが1年分。

蔵書をまとめたらお次は食器。もー、絶句モノの、とてつもない量だ。使用未使用含め、その量は衣装ケース3つ(うちひとつは特大)、ダン箱3つにもなった…しかも使用品はすべて、新聞紙に梱包して、だ。

途中、不動産屋が訪ねて来て、処分についての話をあれこれ。不要品を丸きり置いて行っても構わない、てことだったけど、あたしが嫌なんだってば!! 1号、うざい。どっか行ってろ、と思ったらBオフに行ったまま戻ってこなかった。ヤツの蔵書、ナショジを売りに行ったらしい。0円だってさ、ふふん。

まだまだ、やることはごーっそり残っている。とても終わる気がしない…今回だけでは無理だけど、年内にあと1、2回来れば何とかなる…かなぁ。

にしても、べったくでこの有り様では、ほんたくでどうなることやら…10、いや20倍の労力は必要だろうねぇ。覚悟しないと。
しかしくたびれたよ…夜は何もしないで、波の音を聴きながら豆本協会会長の著書を読んでた。






( ̄〜 ̄)
[PR]
by yukimaru156 | 2017-08-14 00:02 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156