にゃんこ飯の値段 と路上で割れ物をばらまく と新生姜のサラダ

午前中、ツツガナク仕事をこなして、それからそのまま経堂へにゃんこ飯を買いに出た。
謎とゆーか、毎度不思議に思うのだけど、「広告の品」と書かれたポップがあるにもかかわらず、底値が75円、最高値で100円という、この25円の差がわからない…しかも前回行ったとき、「~8/31まで」とあって100円ついてたので"マジか! 足元みおってけしからん!"とか思ってたのに、今日行ったら「~9/26まで」で底値の75円だった。前回のポップは何だったんだ? 100円てのに頭きてちょっととしか買わなかったからすぐ足りなくなったので来たわけだけど、何だかなぁ。100円のときは見送るに限るかな。近所のスーパーでも91円だし、ドラッグストアでは88円とかだし。(でも2種類しかないのだ。かつおまぐろよかとりささみしらすなんだけど)

てな話をハハにしたらば、『病院が払うのだからいくらでもいいじゃない』と言われた。そのとーりなんだけどさ、キモチの問題ね。やっぱ底値で買いたいという。以前は父の介護グッズ買ったりするついでだったのだけど、いまは「そのため」だけに行ってるよーなもん。病院との往復だけではたいした運動量にはならんので、てのと、貯まったポイントはね、あたしのもんですから。(そーいや昔、会社の出張で貯まったマイレージや、OLたちが勤務中に行かされた買い物のポイントは誰のモノか? という議論があった気がするけど、あれってどーなったのだろう?)

帰宅して昼ごはん食べて、ちょっと寝て(何かもーすごい眠気に襲われちまってさ)、それから不要雑貨の袋2つを持って「0円マーケット」に行った。重い方(飯盒炊飯の缶とかしっかりしたゴミ箱とかが入ってる)はチャリカゴに入れ、飯碗や灰皿などの小物(でも割れ物)は紙袋に入れてサドルに引っ掛けて。
そして事件は起こった!

  紙袋の底が抜けて路上にばらまいてしまったのだ!!

『きゃーっ』という悲鳴はあたしのモノではなく、逆側を歩いてた女性。えらい派手な音たててばらまいた上、コルクコースターは丸いので四方にころころと転がっていき、角を曲がろうとしてた車はそのままストップ…もー、すいませんすいませんすいません、と平謝りで、割れたとはいえ紙に包まれてたので被害はないそれを拾い集める。通りすがりの女性2人も拾ってくれ、終息したころに車も発進した。
あ~、こっ恥ずかしかった~! しかし驚くべきことに、ばらまいた割れ物5つのうち、何と3つが「割れてなかった」のだ。あれで無事ってすごいよな。飯碗なんてそんなに厚いものでもないのに。

割れ物の方をチャリカゴに入れなかったのは、もう1つの方がやたらかさばっていてチャリが漕ぎにくかったからだ。紙袋は底が広いって理由でケーキ屋のにしたのだけど、ケーキ以上の重さのモノを入れることを想定してないから弱いんだね。ホント、反省。

2坪ほどの0円マーケットは、またまた店番の女性が違い(過去5回のうち、みんな違う)、そのばっさまと客だか友人だかわからないばっさま2人が賑やかなおしゃべりの真っ最中で、検品してもらおうにも場所がないという…誰か場所変わってくれないですかね、と言いたくなるのをこらえて袋からあれこれ出すと、その度に『あらこれはいいわねぇ』とか『民芸品ぽいのってすぐなくなるのよー』とか、遮光にもなる夜景のタペストリー見て『これはなぁに?』とか、会話が尽きない…でも飯盒炊飯の缶だけは「NG」だった。あまり出ないのだそーだ。やっぱ断られることもあるんだな。
いちお、路上でばらまいてしまったことを伝え、もしひび割れとかあったら廃棄して欲しいと頼んで店を出た。入れ替わりに、でかい芝刈り機(?)を持ち込んできた女性がいて、ウチのはもっとでかいんだけど、いらないよな~、もらってくれるならありがたいけど、そもそもこの都会の真ん中であーゆー芝刈り機が必要なウチってないよな、とか思ってしまった。てゆーか、そもそも芝刈り機が必要なウチって、すでに「持ってる」もんね。

夕飯は、鶏とネギを炒めたものと、先日作ったら好評だった、新生姜ときゅうりとハムの千切りをマヨネーズと塩胡椒で和えたもの。これ、ナマの生姜のピリ辛さが効いてて美味いんよ。夏にぴったりの一品。超カンタンだしね。ぜひお試しあれ。







(≧◇≦)

[PR]
by yukimaru156 | 2017-08-18 00:34 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156