洋酒を買取屋へ と椅子好き家系? とまたまた大皿 とゴーヤの天ぷら

午後、千葉べったくから持ち帰った洋酒瓶5、6本を買取屋に持ってった。以前何度か利用した買取屋の方は先週から「休業します」の張り紙が貼られたまま…「臨時」とは入ってないってことは「閉店する」てことかなー、とも思うのだけど、だったらそう書けばいいのにと思う。それともやっぱりとりあえずの休業、なのかなぁ。(ちなみにHP検索してみたら、先週の時点では特に何も書かれてなくて、8月末の更新で店長のメッセージが載ってた。どこより高く買い取ります! みたいな。そのくせ値段は書いてないのな) 

ともかくそゆわけで、別の買取屋に入り、洋酒とヒビノカツヒコの九谷皿とハナエモリの漆器皿を見てもらった。洋酒は100円、九谷が(調べた結果、やはり柄が柄だけに買い手がいないようで)500円、漆器は値段がつかなかった…ま、そんなもんかな、て気はしてたのでがっかりもしなかったけど。
ちょっと考えて、皿だけ売って洋酒は持ち帰った。誰か欲しい人にあげる方がイイかなと思ったのだ。値段のつかなかった洋酒もあるから、売れても200円だったしさ。

帰宅して、今度は0円の方へ。逆方向なのでくたびれるけど(朝からしっかり働いてきたし)、いつまでも部屋にごたごたとあるのもイヤだからねぇ。ただでさえ、モノが溢れて参ってるのに。
余談だけど、我が家に「なぜかいっぱいある」モノの中に椅子もあったりする…そんなに椅子が好きなのか? てくらい、ある。昔使ってたのとか(新調したのでいらないけど…みたいな)、つい買っちゃったのとか、出所不明なのとか、千葉から持ち帰ったのとかとか。いま「使っていない椅子」てのを数えたら1ダースは出てくるね、カクジツに。そのくせ、自分は座卓、座椅子で過ごしてるわけだから、ホント「いらない」よね。何なんだろね。

昔(20年くらい前)、一目ぼれして買ったのが「丸太を直角に切っただけ」の椅子なんだけど、何か座ると居心地よくて(姿勢が正しくされる感じ)、これは手放せないよなー、と思ってしまったり。ハハも『何でこんなに椅子があるのかしら…』とボヤきはするけど、『これは処分しましょう』にはならないとこを見るとやっぱり「好き」なんだろな。父も好きだったしね。拾ってきたりもしてたし。(そんでそれもまだあるし)

0円に行くとき、ハハが『これだけ行ってて、あっちで欲しいモノはないの』と訊くので『それがないんだよ』ときっぱり。いやホント、願わくば「欲しいモノがあればいい」と思ってるんだよ。イイモノ(かどうかは見方によるけど)をこうして何度も運んでるんだからさ、こんなの欲しかったんだ! みたいなのが欲しい。でもないんだ、残念なことに。毎度、何か欲しいと思ってはいるんだよ? 

帰宅して、今度はハハと皿の入った棚の整理を始めた…とゆーか、未使用の皿で『これいいよ、今度からこれ使おう』と言ってた皿を入れるためには「皿を出さなくては入らない」てことよ。もー、重ねに重ねてるからさ、あと1枚、てのが入らない。(入れる順番を違えても入らない) 
『いらないわ、これ。0円で引き取ってもらえるかしら』
大丈夫と言いつつ、こんなとこ(普段使ってる食器棚)にもまだ「初めて見る」皿があることにびっくりしてた。ハハにはびっくりでも何でもないのかもしれないけどさ。アレもコレも初めて、みたいな皿が10枚近くあって、この家の収納ってホント半端ない、とため息。いかにもショーワな花柄の大皿(直径25~30cmくらい。以前0円に出したりしてたのはこれよりでかかった)、レトロなりの需要があるかしらねぇ。

夕飯にはゴーヤを使ってしまわなくては、だったので、天ぷらにしてみた。すっごいカンタンレシピを見つけたのだ。種とワタ取ってスライスして、卵と小麦粉(適量)を混ぜて、多めの油にスプーンですくって入れて平たくして焼くだけ。あとは揚げたてに塩胡椒。ちょっとハマりそーな、お手軽美味しいレシピだった。これ、他にも応用できそーだなー。じゃがいもとかでもやってみようかな。








(´ー`)

[PR]
by yukimaru156 | 2017-09-16 02:15 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156